人気ブログランキング |

沼田元氣さんと行くラトビア・ロシアかわいい発見の旅

沼田元氣さんと行く ロシアのかわいい発見の旅(2019・初夏篇)

沼田元気さんと行くラトビアのかわいい発見の旅 まるごとロシア
沼田元気さんと行くロシアのかわいい発見の旅 まるごとロシア


ラトビア民芸市とロシアの新旧歴史的

マトリョーシカ工場見学の旅

■ツアーコード
専用車両鉄道の旅 沼田元気さんと行くラトビア・ロシアかわいい発見の旅
成田発
KN20-1307 : 7日間 アエロフロート・ロシア航空 SU

ラトビア民芸市と、ロシアの 2大歴史的マトリョーシカ産地見学と、本場ロシアの木彫り熊玩具学校見学の、盛り沢山な 7日間!今年で12年目!沼田元氣さんと行くラトビア・ロシアかわいい発見の旅です。

沼田元氣さんと行くラトビア・ロシアかわいい発見の旅

ツアーのポイントツアーのポイント
過去の【ツアーのようす】はこちらでご覧いただけます。
写真家詩人作家でマトリョーシカ研究家の【沼田元氣】さんが同行します!
今年のゴールデンウィークは10連休!その時期お休みが取れない方、あえて取らない方に朗報!
【高額で混んでいる時期を賢く外して、のんびりロシアの旅】に出ませんか!?
今年で12年目!リピーター多数の特別企画。おひとりで参加の方も多いです。
今年のツアーは二国をまたいでの民芸旅。【ラトビアでは民芸市に加えハーブ大国最大級のハーブ農園】を訪問。
ロシアでは【マトリョーシカの産地2か所】を巡るほか、【木彫り熊】玩具の里(木彫り熊学校&工場)訪問。
もちろんアンティークマーケットや蚤の市、スーパーでの日用品や【旧ソ連時代のかわいい雑貨三昧】。
ロシア正教の聖地セルギエフ・ポサードでは【修道院のホテル】に宿泊。
マトリョーシカの荷物タグや沼田さんの特製スーベニイル】もプレゼント!
追加代金でエコノミー座席から【プレミアムエコノミー座席へのランクアップ】も可能です。
現地の受け入れ同行は【バルト三国在住の日本語堪能なガイドが同行】し安心です。
全行程、日本語ガイド、食事(自由行動日以外の)、専用車両、ホテル、寝台列車付きの【大特価!】。
ご希望の方は自由時間に【赤の広場とグム百貨店】のオプショナルツアーをご用意しました(別途追加料金要)。
「何かの時」には【JICモスクワオフィス】がしっかりサポートします。
ご旅行代金は【クレジットカード払い】にてお支払いも可能です。

by jictravel | 2019-02-27 18:39 | ラトヴィア | Trackback | Comments(0)

FUJIYAMA55にGO!GO! ~JICサンクトペテルブルグ便り~【SPB】

今冬は雪の日が多く、空がどんよりとしていて、どうにも気分の晴れない日が続いています。
そんな時に、心のよりどころになるのは、やっぱり日本食。

今一番におすすめしたいのは、昨年12月にオープンした本格的なラーメン店「FUJIYAMA 55」(Vladimirskiy Prospekt 15)。
ひと昔前、一大ブームになった、スシ。
今も人気がないわけではないのでしょうが、既にピザと並びケータリングで頼めるものとなり、特別感が薄れました。
残念ながら、うどん店は、ペテルブルグでは定着せず。
同じ麺でもラーメンのほうは、ゆっくりとしたペースながら、店舗数が増えている模様。

ペテルブルグに観光に来て「わざわざ日本のラーメン???」
と思われるかもしれませんが、日本好きのロシア人に出会える確率が高い。
隣に座ったロシア人にも、ちょっと声をかけやすいというもの。

特にお昼は、写真のランチが350ルーブル(600円弱)と
満足この上なしです。

ドストエフスキー博物館からも近いので、是非、お試しください。



FUJIYAMA55にGO!GO! ~JICサンクトペテルブルグ便り~【SPB】_f0072621_17291575.jpg

by jictravel | 2019-02-27 17:43 | ● JICモスクワ便り、ペテルブルグ便り | Trackback | Comments(0)

ロシアLCC「ポベダ」に乗ってみた!<ピサ観光編> ~JICサンクトペテルブルグ便り~【DP】【SPB】【PSA】

こんにちは、チャンチクです。
ロシアの格安航空会社(LCC)に乗って、サンクトペテルブルクから直行便でイタリアへ行って来ました!
飛行機は、アエロフロート系列のポベダ(победа)という航空会社。水色の丸っこいかわいいロゴがトレードマークです。

ロシアのサンクトペテルブルクからイタリアのフィレンツェとピサへ、4泊5日の節約旅行です。
ロシアに長期で留学中でマルチビザがある学生さんやロシア旅行のあとにヨーロッパを経由して日本へ帰る方のために、何回かに分けて情報共有します!
111.png111.pngあくまでも、私の個人の経験談としてですので、ゆるーい感じで読んでください。111.png111.png

<ピサ編>
3日目はフィレンツェからピサへ鉄道で移動しました。
銀行みたいな順番待ちのカードを取って、窓口の列に並びました。
イタリアでバスに乗ったり鉄道に乗ったりしましたが、公共のサービスをしている人の親切さは、やっぱり日本が一番ですね。日本ってすごいなあ。正直、サービスに関してロシアほどでないにしてもイタリアでもちょっとがっかりすることがありました。これが世界のスタンダードで日本が特別なんでしょうね。ということで、係員にちょっとムッとされたからと言って、国際人としてチャンチクはへこたれません!

ピサの傾塔へпошли! 169.png169.png
150.pngОболдеть!!! 圧巻でした。
しかも、ロシアから直行便で、こんなに手軽に、こんなにすばらしい世界遺産を見に来られるとは!165.png165.png165.png

ピサのホテルはロシア語が話せるスタッフがいるところを選びました。チャンチクはイタリア語は全然わかりませんし、英語もロシアで言うところの「犬レベル」ですから(言われてることは理解できてもしゃべれないってことです105.png)。
部屋や設備は古かったですが、節約旅行なので、まあそれなりです。

ピサで困ったのが食事です。
食べたいと思ったときにレストランがやってないんです。たいてい12時から15時のランチが終わると19時までお店を閉めて休憩してしまうんです。
でも、チャンチクは17時ごろには晩ご飯が食べたくなるんですよねえ。
ピサはフィレンツェに比べて店の数が少ないので、席を予約しておかないとダメですね。チャンチクは予約しなかったので人気店には入れませんでした。残念。

でも、ピサからバスで20分ぐらいの海べの食堂でおいしい海鮮スパゲッティを食べました!魚屋の隣にあるので素材が新鮮。おすすめです。

大理石の小石の白い浜と澄んだ海がとても綺麗でした。思わず海に入ってみましたが、水が冷たいの、小石で足が痛いのって。また暑いときに行きたいです。その時は足が痛くないように、シューズを持ってこようっと。

最後の日は、LCCだから念のため早めに空港に行きました。ピサ市内のホテルから歩いて行きました。
帰りの便でオンラインチェックインを予めしなかったので、25ユーロ払わされました。同じ便に乗った他の乗客もほとんどみんな25ユーロ払わされる窓口に並んでいました。。。ポベダのホームページに書いてなかったし。皆さんはご注意を。

178.png178.png178.pngそんなこんなで、ロシアLCCポベダ初体験、無事終了しました!178.png178.png178.png

上記は、個人の体験談です。
177.png177.png177.png ロシア旅行のことなら、JIC旅行センターにお任せ下さい!177.png177.png177.png
ロシアLCC「ポベダ」に乗ってみた!<ピサ観光編> ~JICサンクトペテルブルグ便り~【DP】【SPB】【PSA】_f0072621_08560822.jpgロシアLCC「ポベダ」に乗ってみた!<ピサ観光編> ~JICサンクトペテルブルグ便り~【DP】【SPB】【PSA】_f0072621_08562879.jpg

by jictravel | 2019-02-15 08:57 | ● JICモスクワ便り、ペテルブルグ便り | Trackback | Comments(0)

ロシアLCC「ポベダ」に乗ってみた!<フィレンツェ観光編> ~JICサンクトペテルブルグ便り~【DP】【SPB】【FLR】


ロシアLCC「ポベダ」に乗ってみた!<フィレンツェ観光編> ~JICサンクトペテルブルグ便り~【DP】【SPB】【FLR】_f0072621_08533062.jpg
こんにちは、チャンチクです。174.png174.png174.png
飛行機は、アエロフロート系列のポベダ(победа)という航空会社。水色の丸っこいかわいいロゴがトレードマークです。

ロシアのサンクトペテルブルクからイタリアのフィレンツェとピサへ、4泊5日の節約旅行です。
ロシアに長期で留学中でマルチビザがある学生さんやロシア旅行のあとにヨーロッパを経由して日本へ帰る方のために、何回かに分けて情報共有します!
111.png111.pngあくまでも、私の個人の経験談としてですので、ゆるーい感じで読んでください。111.png111.png


<フィレンツェ観光編>
サンクトペテルブルクから直行便でピサの空港へ出発!3時間半ぐらいでピサの空港に到着するので食事や飲み物や映画のサービスがなくても全然大丈夫でした。

まずは、空港からバスに乗ってフィレンツェを目指しました。14ユーロ。

バスの中からイタリアののどかな田舎の風景を見ながらフィレンツェの鉄道駅脇の終点まで約2時間。フィレンツェとぅ着です!

初日はホテル近くのレストランで、フィレンツェの郷土料理Tボーンステーキを食べました!おいしかったあ。2人で1キロのステーキ45ユーロ。
休憩時間なしで営業していたので助かりました。イタリアのレストランってランチ時間のあと15時から19時ごろまでお店を閉めちゃうんですよね。でも、ホテルのお姉さんが紹介してくれたところは休憩ないし、店の人もいい感じだったし、ロシア語のメニューもあったし、おすすめです。

2日目は朝から観光に出かけました。
サンクトペテルブルクの夏の白夜の反対の冬の「黒夜」のせいで気がめいっていたチャンチクは、174.pngお日様174.pngの光を求めて旅行に出たので、石畳の通りも可愛かったですが細くて日がささないので、丘の上にあるミケランジェロ広場まで登りました。
屋根のない美術館と言われるフィレンツェ。とても綺麗でした。
お天気にも恵まれて、青と屋根のオレンジのコントラストが印象的でした。

ベンチに座ってゆっくりしたかったのですが、どこも大理石の冷たいベンチでチャンチクはとても座れませんでした。137.pngというか、チャンチクは座りたかった141.pngのですが、一緒に行ったロシア人に「冷たい石の上に座ったら病気になる144.png」と言われて座らせてもらえなかったのです。140.pngロシアでは冷たい石の上に座ってはいけないことは「常識」ですもんね。イタリアはやっぱり夏が暑くて長い国だから、冷たいベンチなのでしょうか。ロシアだったら木のベンチが多いですね。石でできていても座るところだけ木が組み込まれてるとか。こういうところもそれぞれのお国柄ですね。180.png180.png180.png

この日は陽気なお兄さんのサンドイッチ屋でサンドイッチを食べました。行列になっていたので、下調べなしでチャンチクも食べてみました。中身が選べるシステムだったので注文に手間取って後ろに並んでいたドイツ人のお姉さんが手伝ってくれました。どれを頼んでも一律5ユーロだったようです。

178.png178.png太陽も十分浴びられたし、ドイツ人のお姉さんの笑顔も素敵だったし、2日目も大満足でした。178.png178.png

上記は、個人の体験談です。
177.png177.png177.pngロシア旅行のことなら、JIC旅行センターにお任せ下さい!177.png177.png177.png

by jictravel | 2019-02-12 08:50 | ● JICモスクワ便り、ペテルブルグ便り | Trackback | Comments(0)

【KHV】成田から直行便!ハバロフスク 3日間 ~ 4日間

成田から直行!ハバロフスク 3日間 ~ 4日間

成田~ハバロフスク の直行便 日月火、火水木 で行ける3日間。
週末を利用して 木金土日 で行ける4日間。
土日を使ってゆっくりしたい方には 木金土日の4日間。
それ以上長くしたい方はお見積りしますのでお問い合わせください。
3時間のフライトがヨーロッパの街並みへ誘います。

日本に近い「ニホチカ」ロシアへちょこっと海外旅行!



by jictravel | 2019-02-07 16:13 | ロシア〓ハバロフスク | Trackback | Comments(0)

【SU】アエロフロート 2019年 2月12日以降の発券の料金載せました。

アエロフロート 2019年 2月14日以降~ の料金改訂です。モスクワ方面、ヨーロッパ方面ご旅行をお考えの方、料金をご覧いただき、ご検討下さい。

===
アエロフロート航空の
成田 ~ ウラジオストク
成田 ~ ハバロフスク
成田 ~ ユジノサハリンスク

の料金が変更されました。値下げです。


※以下記載の料金は古いもので現在とは異なります。
===
今回素晴らしいのが、この都市間内でオープンジョーができるということと、どこかで乗り継いで他都市まで行っても金額は同じというルールです。ただし、ストップオーバーチャージがかかるチケットタイプのものもあります。

そうです。ご存知の方は、アエロフロートで「成田 ~ モスクワ」の料金と「成田 ~ モスクワ ~ サンクトペテルブルグ」の料金が同じというやつです(航空券の予約発券方法とストップオーバーで料金が変わる場合もあります)。

さて、ここで旅程を組んでみましょう。

例えば、最も安いチケット「L」クラスに往復とも空席があった場合です。

■ユジノサリンスク往復 チケット代 40,000円 + 諸税 + JIC手数料 = 計 57,350円
9/27(木) 成田 ~ ユジノサハリンスク
10/4(木) ユジノサハリンスク ~ 成田

■3都市周遊 チケット代(同額です。) 40,000円+諸税+JIC手数料 = 計 58,110円
9/27(木) 15:50-19:50 成田 ~ ユジノサハリンスク
9/28(金) 13:25-15:10 ユジノサハリンスク ~ ウラジオストク
10/3(水) 17:00-18:20 ウラジオストク ~ ハバロフスク
10/4(木) 16:00-16:40 ハバロフスク ~ 成田

少し大げさな旅程の例ですが、どちらもチケット代そのものは同じなのです。
単純な「ウラジオストク往復」を、24時間以内の乗り継ぎ便でストップオーバー扱いせず、日本に近い「ニホチカ」ロシアの 3都市周遊です。

ユジノサハリンスクを観光する時間がなくてさみしいですが、
ウラジオストク滞在、ハバロフスクも半日くらいは観光できます。

これでストップオーバーチャージ 6,200円を追加していけば、旅程はかなり広がります。

チケットの料金は空席状況によって変わります。また、予約後の発券が早く、変更や取消に大きなペナルティがあるものが安いタイプのチケットの条件ですので、ご注意ください。
上記は、2012年 6月 13日時点での空席、レート等で計算した額となります。

by jictravel | 2019-02-06 17:34 | 航空券 | Trackback | Comments(0)

ロシアLCC「ポベダ」に乗ってみた!<飛行機編> ~JICサンクトペテルブルグ便り~【DP】【LED】【PSA】

ロシアLCC「ポベダ」に乗ってみた!<飛行機編> ~JICサンクトペテルブルグ便り~【DP】【LED】【PSA】_f0072621_08530486.jpgこんにちは、チャンチクです。179.png179.png
ロシアの格安航空会社(LCC)に乗って、
サンクトペテルブルクから直行便でイタリアへ行って来ました!
飛行機は、アエロフロート系列のポベダ(победа)という航空会社。
水色の丸っこいかわいいロゴがトレードマークです。

ロシアのサンクトペテルブルクからイタリアのフィレンツェとピサへ、4泊5日の節約旅行です。
ロシアに長期で留学中でマルチビザがある学生さんやロシア旅行のあとにヨーロッパを経由して日本へ帰る方のために、何回かに分けて情報共有します!
111.png111.pngあくまでも、私の個人の経験談としてですので、ゆるーい感じで読んでください。111.png111.png

<飛行機編>
チケットはネットで自分で買いました。ロシア語のページですが、日本のLCCと同じような手順です。
荷物を預けたり座席指定したりすると追加料金がかかるので、荷物や座席のページは、スキップ。保険をかけるかどうかという画面もでますが、私はスキップしました。

今回チャンチクが買ったチケットの料金は、ロシア・サンクトペテルブルク市からイタリア・ピサ市まで直行便で
片道6000ルーブルぐらいとほんとに格安でした。
機内での食事や飲み物のサービスはありませんが、乗っている時間は3時間半ぐらいなのでへっちゃらでした。
お得感、ばっちりです。164.png164.png164.png

でも、LCCなので余計な追加料金を払わなくても済むように、注意が必要です。

149.png ポベダで注意しなければならないのは、149.png荷物の大きさと149.png②帰りの便のオンラインチェックイン。149.png

日本でもLCCはそうですが、荷物は大きさにとてもうるさいです。ハンドバックもリュックも合わせて、規定以下でなければなりません。行きも帰りも、空港のチェックインカウンターだけじゃなくて、飛行機に乗るゲートの前でも再チェックがあって、規定以上の荷物は超過料金なしでは載せてもらえないので、ご注意を。

帰りの便の搭乗手続きは、オンラインで済ませておかなければ、余計な出費になります。チャンチクは、帰りの便の搭乗手続きをピサの空港のチェックインカウンターでやったので、25ユーロもとられました。136.png136.png136.png
日本だと係員の人が空港内にある自動チェックイン機での手続きを手伝ってくれますが、イタリアではそんな親切な対応は無く、うむを言わさず払わさせられました。
ホテルのwifiでオンラインチェックインしておけば、よかったなあ。空港内にもwifiあったし。あーあ、失敗しました。ロシアを出る時はこんなこと、なかったんですけどねえ。145.png145.png145.pngみなさんはご注意を。

飛行機で面白かったのは、機内アナウンス。106.png106.png106.png
酸素マスクの使い方や「席を勝手にとり変えないでください」とか「トイレでこっそりタバコをすっても煙探知機があるのですぐバレますよ」とかのアナウンスが、ロシアの人気お笑い芸人のハルラモフの声なんです。特徴的な話し方だし聞いた事がある声なので「あれ?」と思わず耳を傾けていつもより注意深く聞いちゃいました。ハルラモフは日本で言ったら、くりぃむしちゅーとかかなあ、ハルラモフもお笑いコンビだから。129.png

178.png178.png178.pngそんなこんなで、ロシアLCCポベダ初体験、無事終了しました!178.png178.png178.png

上記は、個人の体験談です。
177.png177.png177.png ロシア旅行のことなら、JIC旅行センターにお任せください!177.png177.png177.png

by jictravel | 2019-02-03 08:55 | ● JICモスクワ便り、ペテルブルグ便り | Trackback | Comments(0)