<   2017年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

【IKT】リデン&デンツ視察 2日目 イルクーツク校、タリツィ、リストヴャンカ、バイカル湖、イルクーツク

<5/13(土) くもり⇒晴れ(イルクーツク)>

7:30 ホテルにて朝食
9:00 車でホテル発。
10:30 イルクーツク市内、インフォメーションセンター訪問。
12:45 バイカル湖方面へ出発。
13:30-14:45 タリツィ観光。
15:00-17:15 リストヴャンカに移動して昼食、観光。
17:15-18:00 イルクーツク市内へ。
18:30 ホテル着。




・場所はカールマルクス通りという、昔からイルクーツクでもっとも栄えている(と言われている)通り沿いの2階。訪れたのは土曜日の朝10時だったため、通りは静かでした。周りにはカフェやスーパー、映画館などが多く立ち並びます。

・イルクーツクには地下鉄はないので、学校に通うには、よほど近くの場所に滞在しない限りバスやトロリーバス、マルシュルートカを利用することになるので、初心者にとっては少しハードルが高いかもしれません。

・リデン&デンツの冬以降のスケジュールが発表されて、この冬は2018年2月5日~3月30日までオープン、来夏は6月4日~9月28日までオープンする予定。※マンツーマンコースは年中受入可。

・教室は全部で6つ、先生のための部屋(兼教材室)が1つあります。教室の大きさはマンツーマンや2,3人の小グループ向けもあります。子供向けのクラスもあるので、可愛らしい色使いの机と、壁がすべて黒板のように書いたり消したりできる(色は白)ようなつくりになっている教室もあります。学校の入り口ホールはそれほど広くなく、訪れたときはまだ雑然とした感じでしたが、今後無料のカフェスペースを作ったりする予定とのことです。


◆新名所「130地区


観光向けスポットというよりは地元の方のための大型ショッピング施設という感じでした。シベリアの昔ながらの木造家屋が立ち並び、そこにレストランやお土産物屋が入っているのですが、どこか現代風な感じがします。プラネタリウムや博物館も入っていますし、子供用の簡易遊園地などもあります。お土産物屋が並んでいるのはごく一部。端に大型のショッピングセンターもあります。




住所:77B, Dekabrskiy Sobitiy St. イルクーツクやリストヴャンカの観光案内の資料が揃います。お土産の販売もあります。夏季はレンタルサイクルもあります。




イルクーツク市内より車で45分程度。イルクーツクに残っていた木造家屋を集めて移築した野外博物館。博物館は広く、チケットオフィスから建築群がある場所までも15分ほど歩きます。時間は思ったよりもかかります。家屋の中がきちんと当時の生活を再現していたり、美しい木の細工(窓枠や屋根飾りなど)が見られたりと、見どころが多いです。ブリヤート族の伝統的な家(テントのような家)や生活を再現したエリアもあります。

その他、子供が遊べる遊具(木製)も設置されています。高く開けた場所からはアンガラ川が一望できます。博物館内(屋外)では付近のあらゆる名産品や工芸品を売っていて見ているだけでも楽しいです。ガイドパンフレットは日本語のものもありますが、何十年も更新されていないような雰囲気のもの。(15年くらい前に一度来たことがありますが、ほとんど変わっていない気がしました。)




すばらしい天気の日だったので、リストヴャンカから対岸の山並みをはっきり見ることができました。この景色が見られるのはとてもラッキーだそうです。観光客も多く、市場にも活気があります。小さなカフェや売店なども多いです。滞在時間があまりとれなくて残念でした。


◆カールマルクス通り、スパスカヤ教会、バガヤヴリェーンスキー聖堂、アンガラ川沿いのガガーリン通り、アレクサンドル3世像、永遠の火など。

 
 




[PR]

by jictravel | 2017-10-31 12:17 | ロシア〓バイカル湖付近 | Trackback | Comments(0)

【IKT】【KE】リデン&デンツ視察 1日目 関空~イルクーツク

<5/12(金) 晴れ(大阪)/ くもり(イルクーツク)>

8:33 阪神尼崎駅よりバスで関西国際空港へ。
9:25 関西空港第1ターミナル着。
10:00 チェックイン手続き
10:30 手荷物検査⇒出国⇒モノレールでゲートへ。
12:30 KE724便でソウルへ。14:30頃ソウル着。
18:15 KE983便でイルクーツクへ。少し遅れていました。
21:55 イルクーツク着。送迎車でホテルへ。
22:30 ホテル「コートヤードマリオット・シティセンター」着。


大韓航空 KE724便/KE983便  関空⇒ソウル⇒イルクーツク


・関西空港1タミBアイランドにてチェックイン。チェックインカウンターは2時間前よりもかなり前からオープンしていました。イルクーツク線まですべて関空でチェックイン完了。ソウルでの出発ゲートもすでに決められていましたし、変更もなかったです。724便は搭乗率8~9割とほぼ埋まっていました。983便は3割程度しか埋まっていなかったです。

・724便の機内食はコールドミールでサンドイッチが提供されました。983便の機内食はビーフ、チキン、魚から選べるホットミール。

・両便ともパーソナルモニターあり、充電用ジャックあり。イルクーツク線も、日本語で楽しめる映画がけっこうありました。

・イルクーツク線は20分ほど遅れました。


◆イルクーツク空港

・小さくて何もない空港。入国審査場もいたって簡素。ボーディングブリッジ設備はないので、すべての旅客はバスまたは徒歩での移動となります。

・出入国カードは自動印字化されていました。パソコンの打ち込みに少し時間がかかっているようでした。サインも求められず、入国係官からも特に何も聞かれなかったです。

・国際線の到着ロビーは売店が1つと小さなカフェが1件ある程度。

・ロビーで送迎と会え、そのまますぐにホテルへ向かいました。




・フロントでは英語がいいかロシア語がいいか聞かれ、朝食とWi-Fiの説明を受けて部屋へ向かいました。Wi-Fiはフリーで使用可能。速度も遅くはないです。高速でサクサク利用するには有料プランもあり。ちなみにイルクーツクではVPNのアプリを経由しなくてもLINEが使用可能でした(モスクワ、サンクトペテルブルグではダメだったので、事前にダウンロードしていたVPNを利用しました。)。

・部屋はバスタブなし。スリッパ、セーフティボックスはありました。歯ブラシ、ヘアブラシはなかったです。水(500mlペット)、コーヒーやお茶などは無料。

・エレベーターは2基。チェックイン時は問題なかったですが、朝出るときは混み合っていて何台か見送りました。

・1階に朝食レストラン、会議室、売店あり。おみやげというよりは、スナックや飲み物、日用品をちょこっと置いている感じ。

・朝食は種類も豊富だしサービスもよいです。スタッフの愛想も良い!ワッフルや卵料理はその場で伝えて作ってもらい、テーブルまで運んでもらえます。




[PR]

by jictravel | 2017-10-31 11:11 | ロシア〓バイカル湖付近 | Trackback | Comments(0)

【LED】日本文化に触れるフェスティバル「第14回 日本の秋」 ~JICサンクトペテルブルグ便り~

12月下旬まで、サンクトペテルブルグ市、レニングラード州の各地で各種イベントが開催されています。

その一環として、子供達が中心となり、歌や劇を発表する「小さい秋」が、10月21日、友好会館で行われました。

このイベントにJICの留学生有志も参加。
浴衣姿で、星野源の「SUN」をピアノ伴奏し、合唱しました。

また「恋ダンス」も披露、ちびっ子たちから、大きな拍手を受けました。

留学生活では、ロシア語学習だけでなく、日本人代表としての「役目」を担うことがあります。

「日本にいる時よりも、浴衣を着る機会が多くなった」

留学生からは、そんな声が聞かれます。

最近は着物を上手に着こなすロシア人も見受けられるようにはなりましたが、それでも留学生の浴衣姿は大歓迎されます。

もし、このブログをお読みで、サンクトペテルブルグへの留学を計画中の方がいらっしゃったら、留学の荷物の中に「浴衣」もお忘れなく!!

f0072621_21452480.jpg



[PR]

by jictravel | 2017-10-27 22:02 | ● JICモスクワ便り、ペテルブルグ便り | Trackback | Comments(0)

JIC春の短期ロシア語研修旅行 サンクトペテルブルグ

サンクトペテルブルグロシア語研修&ホームステイ 全16日間」
2018年3月3日 成田発モスクワ乗り継ぎアエロフロート利用 ¥298,000


今年の春は、ロシアの芸術都市サンクトペテルブルグでロシア語を学びませんか?
ペテルブルグの語学学校・デルジャーヴィン・インスティトゥートでの2週間のグループレッスン。
とってもアットホームな雰囲気の語学学校で、和気あいあいとロシア語を学べます。
f0072621_17095874.jpg


休日には市内観光や日本語を学ぶロシア人との交流プログラムをご用意しています!
ネフスキー大通りを、ロシア人学生たちと一緒に散策します。
f0072621_16283240.jpg


また、このプランの目玉はホームステイ体験!!!
ホストファミリーとの生活を通して、自然なロシア語表現を身につけることができます。
f0072621_16335560.jpgf0072621_1773631.jpg


ロシアが初めてで不安でも、グループなら安心!
1月26日(金)締切!!
迷っている方はお早めに!どしどしお問い合わせください 001.gif


ロシアのご旅行、留学 JICホームページ
[PR]

by jictravel | 2017-10-23 16:17 | ◆ロシア語留学・研修・講座 | Trackback | Comments(0)

ハバロフスク演奏会 11/11(土)16時~

ハバロフスク演奏会
11/11(土)16:00~
ハバロフスク極東美術館にて

バイオリン:谷本潤
ピアニスト:ユーリヤ・ヴァクーリスカヤ

※詳細はチラシをクリックしてご覧ください。

ハバロフスク演奏会


[PR]

by jictravel | 2017-10-18 11:04 | ロシア〓ハバロフスク | Trackback | Comments(0)

【HZ】オーロラ航空 料金とスケジュールのご案内 ウラジオストク便も飛びます。

千歳~ユジノサハリンスク のフライトはオーロラ航空が運航しています。

成田~ウラジオストク も飛びます。

====
オーロラ航空 HZ の期間限定割引運賃(2016年3月25日(金)まで)をご案内します。
以下、いずれも別途、取扱手数料、諸税、燃油サーチャージが追加されます。

*成田~ユジノサハリンスク 往復 51,200円 / 片道 38,000円
*千歳~ユジノサハリンスク 往復 40,700円 / 片道 29,500円

取扱手数料はチケットごとに3,240円です。

座席に限りがあります。
また、ご入金手続きなどをすぐにしていただく必要がございます。予めご了承ください。




[PR]

by jictravel | 2017-10-17 15:30 | 航空券 | Trackback | Comments(0)

【S7】S7航空 成田~ハバロフスク、ウラジオストク、ノヴォシビルスク

 S7航空、成田~ウラジオストク / 成田~ハバロフスク / 成田~ノヴォシビルスク のフライトをご案内いたします。

成田~ウラジオストク スケジュール 料金
成田~ハバロフスク スケジュール 料金
成田~ノヴォシビルスク スケジュール 料金

[PR]

by jictravel | 2017-10-17 11:27 | 航空券 | Trackback | Comments(1)

【VVO】ウラジオストク出張 鷲の巣展望台 ホテル「シビルスコエ・パドヴォーリェ」 2017年8月26日(土), 27日(日)

※それぞれの写真をクリックすると、さらにたくさんの写真を見る事ができます。

<2017年 8/26(土)>
市内へ戻り、鷲の巣展望台とホテル「シビルスコエ・パドヴォーリェ」を見学。

スタンダードダブル1室しか空いていなかったのですが、十分に広く、清潔で可愛らしく、自分も泊まってみたいと思うホテルでした。アメニティは袋に入ったシャンプーや石鹸類しかありませんでした。

レセプションのある建物と宿泊棟が別になっているのが特徴です。レセプション前にソファとテーブルがあり、狭いながら雰囲気の良いロビーもありました。

オケアンスキー・プロスペクト沿いにあり、ホテル敷地の門を出て左手を見ると、中央広場にある戦士の像が見え、立地は非常に良いと言えます。

<8/27(日)>
10:30 ガイドさんと合流し、空港へ。

ウラジオストク空港

1階に両替所(日本円の取り扱いあります。営業時間:09:00~18:00)、お土産屋さん、カフェ。2階にもお土産屋さん、DUTY FREE STORE、カフェ&バー等。1階、2階ともトイレは広くて綺麗。トイレットペーパー、ペーパータオル完備。


到着時のバゲージは、出発地の異なる2機分が同じターンテーブルに出てくることもあり、ターンテーブル上の電光表示板の出発地表記は1箇所分のみのため、少し注意が必要。

空港の駐車場は15分まで無料。


S7 565便
チェックイン開始、出発ともに定刻。アナウンスはロシア語と英語。「ご搭乗ありがとうございます」等の定型アナウンスは日本語もあり。シート3列×3列。モニター類一切なし。

旅客は8割が日本人で、ほぼ満席。大型グループの方々がいらっしゃいました。

機内食&ドリンクサービスあり。機内食のサンドイッチはチーズまたはチキン。ドリンクは水、コーヒー、ジュース(りんご、オレンジ)等。サンドイッチは硬かったもののロシアのパンがおいしかったです。成田到着も早まることなく、定刻。

14:40 成田到着


【その他】
ご案内している市内の両替所「サミットバンク」(アドミラーラ・フォーキナ18)は、ブースに入って替えたいお金を出すだけなのでロシア語が分からないお客さんでも使いやすいと思いました。700 USDを越えなければ両替時のパスポート提示も不要とのことです。

ロシア民芸品店を買うならオケアンスキー・プロスペクト沿いにある「セミョーノフスキー・パッサージュ」がおすすめです。

[PR]

by jictravel | 2017-10-13 17:15 | ロシア〓ウラジオストク | Trackback | Comments(0)

【VVO】ウラジオストク出張 ルースキー島 2017年8月26日(土)

※それぞれの写真をクリックすると、さらにたくさんの写真を見る事ができます。

<2017年 8/26(土)>
レストラン「ポルト・フランコ」にて昼食。

レストラン「ポルト・フランコ」

昼食のため立ち寄ったレストラン。ノスタルジアが営業していない今、一番お勧めのロシア料理レストランでしょう。立地もよし。ボルシチとビーフストロガノフ、モルスをいただきましたが、どれも非常に美味しかったです。ディナーにも。


ルースキー島へ移動、ヴォロシロフ要塞と水族館を見学。

ヴォロシロフ要塞

ちょうどリニューアルオープンしたばかりのホットなスポットでした。パトリオットパークも開設し、オープニングセレモニーも開かれていたため歌とダンスも見ることができました。

要塞跡や戦車等は、子供や男性、特別そういったものが好きな人たちには楽しめると思います。ミサイルの模型や大砲、戦車は見ごたえがあり、床材の貼り方や空気清浄機など、地下シェルターにあったものとの共通点も多く発見できました。

要塞までの道があまり良くなく、ガタガタと揺れ砂埃もひどいです。また、トイレが本当にひどいもので、掘っ立て小屋の床に穴だけが空いているタイプでした。トイレットペーパーのホルダーのようなものは一応付いていましたがペーパー自体はありませんでした。トイレ使用料は無料。要塞内と外にはちょっとしたお土産屋、子供のための遊具、カフェスペースもありました。


水族館】 参考URL → http://primocean.ru/

到着が夕方だったため内部のみをざっと見学。建物の周りは開けており、海の方まで歩けるようなので時間があれば散策してみたかったです。

以前の報告書と重なりますが、一般車両は水族館付近まで乗り入れることができないため、駐車場から15分程度歩く必要があります。シャトルバスもありますが、20分に1本程度とのこと。団体客用のバスであれば事前に申請すれば水族館付近まで行くことが可能。一般のお客様はシャトルバスを待つか歩くしかありません。

内部は模型の展示や映像などが多く、また熱帯植物の展示などもあり、一部博物館や植物園のようでもありました。展示物の説明はロシア語、英語、中国語のみ。新しいだけあって綺麗ですが、やはり日本の水族館の方が洗練されているという印象です。

一番人だかりができているのはバイカルアザラシの水槽前でした(動きが早すぎて写真をうまく撮ることができませんでした)。なお、トイレは広くて綺麗!トイレットペーパー、ペーパータオル完備。

チケットについて:水族館の入場券は5日前から購入可能です。入場券のみの場合はホームページのロシア語表記でも購入可能(9/28現在、英語表記では購入不可)。イルカショーのチケットも同じく5日前から購入できますが、こちらはHP上では購入できないため必ず水族館まで行く必要があります。ショーのみのチケットは購入できないため、入場券+ショーチケットのセットでの購入となります。 

[PR]

by jictravel | 2017-10-13 16:28 | ロシア〓ウラジオストク | Trackback | Comments(0)

【VVO】ウラジオストク出張 地下シェルター 2017年8月26日(土)

※それぞれの写真をクリックすると、さらにたくさんの写真を見る事ができます。

<2017年 8/26(土)>
10:30 ガイドさんと合流し、NKVDのシェルターツアーへ


個人的にも一番行ってみたかった場所で、同じくずっと行ってみたかったというガイドさんと入ることができました。
ツアーの入口となる場所は、ゴーリキードラマ劇場の向かって左の道を少し進んだ場所にあります。

内部に入るにはアルトゥールさん+ガイドが必ず必要ですが、このアルトゥールさんが結構忙しい方で、アルトゥールさんの予定次第で入場可・不可が決まります。ツアー催行にベストな人数は10名。多くても20名まで。

入場前に、足元を照らすためと行き先を照らすため、懐中電灯を2本貸してもらえます。また、地下は10℃~13℃ほどしかないため、夏場でも厚手のパーカーやジャケットが必要です。ある程度進むとまた少し寒くなるため、途中から上着を貸し出してくれます。

足元は悪く、非常に汚いため、汚れても良いスニーカーが必須です。
空気も悪いので、気になる方にはマスクの持参を勧めた方が良いと思われます。

劣悪な空間のため、廃墟等が好きな人でないと素直に楽しめないかもしれません。また、ツアー中2~3時間はずっと暗闇にいることになるため、閉所・暗所が苦手な人にはお勧めできません。

内部は非常に湿っており、時折上部から水滴が落ちてくるような状態でしたが、これは夏場だったからのようで、冬場は内部も乾燥するため冬のツアーを勧められました(冬の方が内部を温かく感じられるというメリットもあります)。

災害時や戦争時等に逃げ込み、そのまましばらく生活できるように作られた場所のため、色々な部屋があり、方向感覚が失われました。実際に旧極東連邦大学の教室の床下に繋がる部分もありました。

途中、懐中電灯を消させたり(本当に真っ暗)、サイレンを鳴らしたり、人形のようなもの(ボリス)が置いてあったりと、驚かせるポイントがいくつかあるため、大人数で行って1人がパニックになったら大変です。

たくさんの人々に訪れてもらうため、現在少しずつ修繕を進めているようで、今後はもっと歩きやすくなることが期待されます。アルトゥールさんは歴史にも詳しく、非常に素晴らしい案内をロシア語でしてくださいます。



[PR]

by jictravel | 2017-10-13 15:53 | ロシア〓ウラジオストク | Trackback | Comments(0)