人気ブログランキング |

カテゴリ:● JICモスクワ便り、ペテルブルグ便り( 132 )

オープンカフェはじまりました ~JICサンクトペテルブルグ便り~【SPB】

日本に比べると、ロシア全土の感染者数はまだまだ多く、大丈夫かな?とは思うのですが、
好天が続き「もう我慢ができない!!!」とばかりに、街に繰り出している人多数。

旅行はできなくても、人出は、かなり戻ってきているような気がするこの頃です。

公共施設や、店舗内ではマスクをつけていますが、道行く人は殆どつけるのを、やめてしまったよう。

そんな中、遂に6月29日より、夏の風物詩「オープンカフェ」が再開。

実は、この許可が下りる前から、若い人たちが、店先の鉄柵やベンチに腰かけて、テイクアウトしたもので、再会を楽しんでいる様子を見かけていました。

飲食店の店舗内利用は、未だに許可が下りていません。
また、例年に比べて「豪華」なベランダ席を準備できていないところや、逆にわずかなスペースでも、椅子を配置して、お客さんを呼び込もうという健気な営業努力が垣間見られるところがあります。

既定の1.5メートルの距離が「確保できていないんじゃ?」と思われるところもありますが、この厳しい状況下、お目こぼしされてるのかもしれません。

ところが、再開と同時に、ここのところちょっと肌寒いお天気。
それでもひざ掛けを使いながら、白夜のペテルブルグを楽しもうとする人々。
少し、切なくなってしまいます。

店の前の、レンタル自転車も、街を走る利用者を待ち詫びて・・・

せめて、暑い夏がつづきますように。
空に向かって祈ってしまいます。

オープンカフェはじまりました ~JICサンクトペテルブルグ便り~【SPB】_f0072621_15135800.jpg




by jictravel | 2020-07-01 15:23 | ● JICモスクワ便り、ペテルブルグ便り | Trackback | Comments(0)

ベーラヤ・ノーチ ~JICサンクトペテルブルグ便り~【SPB】

こんにちは。チャンチクです。
モスクワでもペテルブルクでも、制限が解除され始めているので、私の周りでは、3か月ぶりに美容室に行ったという友達もちらほら出てきました。
近所の大型ショッピングセンターも開きはしましたが、オンラインで買った物の受け渡しだけで、ウインドウショッピングを楽しむってわけには、まだまだ行かないようです。
受け取りにも行列ができているところもあって、なんだかまだ不便ですね。

世界がコロナで大変でも、季節は巡って、今年も夏至を迎えました。白夜のピークです。
写真見てみてください。何時だと思いますか?
20時と22時と24時です。実際に目で感じる明るさより暗く映ってますが、それでもあかるいですよねえ。20時なんて真昼間のようです。
ベーラヤ・ノーチ ~JICサンクトペテルブルグ便り~【SPB】_f0072621_05335744.jpg

白夜の季節は、何日も続くので、ロシア語でふつう複数形でベールィ・ノーチ Белые ночи って言うんですけど、白夜のカラオケナンバーと言えば、ビクトル・サルティコフの「ベーラヤ・ノーチ Белая ночь」でしょう。1987年の曲でちょっと古いですが、有名な曲なので、ロシア人なら老若男女だれでも耳にしたことはあるはず。曲名は単数形で「ベーラヤ・ノーチ Белая ночь」。「あなたに夢で逢えたあの白夜の夜」ってことで、1日分だから単数形なんでしょうかね。女性の擬人化でもあるんでしょうから、特定の女の人を思って歌う歌なのに、複数形じゃプレイボーイすぎますもんね。

じゃ、ちょっと早口なので、初心者には大変かもしれませんが、繰り返しが多いので、チャレンジしてみましょう。

なんか最近英語耳を作る学習法がはやってるみたいなので、
チャンチクもその流行に乗って、今回から、「ロシア語耳をつくる」を目指して、
カタカナ書きは、綴り優先じゃなく、日本人の耳に聞こえるままの音を写す感じでチャレンジします!

ベーラヤ・ノーチ、シレーニ・リスヴー Белая ночь сиреней листву
ヴェチェル・カターエッ・トロープキ・スメールィー Ветер качает то робкий то смелый
ベールユ・ノーチ、チャスカダ・ヤ・ウスヌー В белую ночь в час когда я усну
プリスニッツァ・ムソーヌ・ジヴィーチェリナ・ベールィー Приснится мне сон удивительно белый

チーツァ・マフニョー・ヴァシェーブニ・クリローン Птица взмахнет волшебным крылом
イヤ・パヤレーニエ・トゥヴァユー・ウガダーユ И я появленье твое угадаю

ベールユ・ノーチ、ムィ・スタヴォイ・ウイジョン В белую ночь мы с тобою уйдем
クダー・ヤニズナーユ、クダー・ヤニズナーユ Куда я не знаю куда я не знаю


ベーラヤ・ノーチ、アプシーラシ・カコーブラカ Белая ночь опустилась как облако
ヴェーテル・ガダーエッ・ナユーニリスヴェー Ветер гадает на юной листве
スィシューナコームユ・レーヂジュ・オーブリトゥヴォイ Слышу знакомую речь вижу облик твой
ヌパチェムー・エータ・トーリカヴァスネー Ну почему это только во сне

★繰り返し

カースカ・ザリー・ネベスナヤ・ヴィーシ Краска зари небесная высь
ジャリトー・ヴィージェニエマイー・フセカローチェ Жаль что виденья мои все короче
ソーン・パフタリーシ・ヤプラシュー・パフタリーシ Сон повторись я прошу повторись
ノタッカラキー・エーチ・ベールィエ・ノーチ Но так коротки эти белые ночи
フセーツェ・アドゥヌー・ナジェジュー・タユー В сердце одну надежду таю
イヴァスハジャーシンニュー・ウリバーユシ И восходящему дню улыбаюсь
ヴェーリュ・トヤー・ニェーヴァスニェナヤヴー Верю что я не во сне наяву
スタヴォイ・パストレチャーユシ・スタヴォイ・パストレチャーユシ С тобой повстречаюсь с тобой повстречаюсь

★繰り返し
★繰り返し
★繰り返し

by jictravel | 2020-06-24 08:00 | ● JICモスクワ便り、ペテルブルグ便り | Trackback | Comments(0)

ベリーの6月 ~JICサンクトペテルブルグ便り~【SPB】

6月に入って、爽やかな季節が始まりました。

コロナは怖いけれど「青空の誘惑には勝てない!」ってことでしょうか?
屋外で過ごす人が、どんどん増えているようです。

警戒に対する、日本との温度差をすごく感じるこの頃です。

私も、マスクと手袋を持ち歩いていて、
スーパー等での着用はしますが、
散歩のときは、外してしまいました。

もちろん、帰宅後の手洗いは励行ではありますが。

さて、6月といえば、私にとっては「ベリーの季節」。
ロシア暮らしの、素敵なことの一つです。
極東ロシアに住んでいた頃は、ベリーは割合にお手ごろなものでした。

家人がダーチャを持っていましたし、市場や道端には、収穫したものを売って、
お小遣いを稼ぐお年寄りが多かったからかもしれません。

一方、友人に聞くペテルブルグのダーチャは、
極東に比べると自宅からやや遠い。
且つ夏中ダーチャで過ごすという人も多いようで、お小遣い稼ぎの人が少ないからなのかなあ・・・と思っています。

そんなわけで、以前のように、ベリーを「バケツで買う!」みたいなことはできません。

「ダーチャが欲しいなあ」と思う瞬間でもあります。


冷凍もので購入したЕжевика(ブラックベリー)と Клюква(クランベリー)。
これはジャムになりました。
生のМалина(ラズベリー)はヨーグルトに入れたり、アイスクリームに潰し入れたり・・・。

ビタミンをたくさん摂って、太陽光をしっかり浴びて「北国の短い夏」を過ごそうと思います。
ベリーの6月 ~JICサンクトペテルブルグ便り~【SPB】_f0072621_16432098.jpg

by jictravel | 2020-06-15 16:56 | ● JICモスクワ便り、ペテルブルグ便り | Trackback | Comments(0)

ベーラヤ・チェリョームハ ~JICサンクトペテルブルグ便り~【SPB】

ベーラヤ・チェリョームハ ~JICサンクトペテルブルグ便り~【SPB】_f0072621_05403067.jpgこんにちは。チャンチクです。外出自粛生活、どうですか?
チャンチクは、おとなしくしています。

世界がコロナで大変でも、季節はめぐり雪が解け花が咲くんですね。
サンクトペテルブルクでは、今年もチェリョームハが咲きました。1週間ぐらい前に咲き始めて、もうそろそろ終わりです。
ロシアではこのチェリョームハが咲いている間は寒いって言われているんですけど、
これが毎年大当たりするのでびっくりです。
暖かくなったなあと思っても、チェリョームハが咲くと寒くなるんです、ほんとに。

ってことで、今日の歌は「ベーラヤ・チェリョームハ」です。チェリョームハというのは、エゾノウワミズザクラという木す。
あなたは本気じゃないってわかってるけど、わたしはあなたを愛してるっていう悲しい恋の歌です。歌詞の中で「влюбилась по уши」っていうフレーズがあるんですけど、おもしろいですよね。「耳の高さまで愛してる」って。「по уши(耳の高さまで)」というのは、とても、全部、いっぱい、みたいな意味なんですけど、同じような意味で「по горло(のどの高さまで)」っていうのもあります。どの言語にも、体の部分を表す言葉が入った慣用表現ってたくさんありますけど、ロシアのって面白いですよね。「耳の高さまで愛してる」って。「сердце ушло в пятки」ってのもあります。 驚くと、心臓がかかとに行っちゃうんです。しかも、複数形で両足のかかとってことだから、心臓が2分割してかかとに行っちゃうんです。おもしろいですよね。

ラスプスチーラシ・チェリョームハ
ナリャジーラシ・ネヴェスタユ
ナ・ドゥシェー・ニェ・スパコイナ・タク
ニェ・ナイドゥ・セベ・メスター・ヤ
ラスカージュー・ヤ・チェリョームヘ
シュト・フリュビーラシ・ヤ・パ・ウシー

アフ・ヴィ・ノーチ・ヴェセニエ
ダ・チェヴォー・ジェ・ハローシエ

アフ・チェリョームハ・ベーラヤ
スコリカ・ベッ・トィ・ナジェラーラ
アフ・リュヴォーフィ・トゥヴァヤー・スメーラヤ
スマシェッシェイ・ブィラー

アラマタム・ドゥルマーニラ
トーリカ・セールツェ・パラーニラ
ア・ヴェヂ・ズナーラ・ザラーニエ
エータ・トーリカ・イグラー

by jictravel | 2020-06-08 05:41 | ● JICモスクワ便り、ペテルブルグ便り | Trackback | Comments(0)

リラの花と行者ニンニク ~JICサンクトペテルブルグ便り~【SPB】

5月も終わりに近づき、日がグングン伸び始めると、体内時計は狂いっぱなし。
好天だと、朝から日差しも強く、急速に気温も上がってきた、この頃のぺテルブルグ。

陽気に誘われて、ようやくライラック(Сирень私は「リラ」のほうが音としては好き)の花もほころび始めました。
この花は、香りが強く、その香りに包まれると、何だか胸騒ぎに似たような、華やぐ気持ちを抑えられません。

また、リラの花というと、思い出すのが「リラの花と戦争」という本。
1914年建立、ウラジオストク居留日本人の心の支えであった浦塩本願寺。
その最後の住職夫人・故戸泉米子さんが書かれた自伝本です。
当時の暮らしぶりが、苦悩を含め、生き生きと描かれていて、読み応えのある一冊です。


そして、もう一つ。
5月といえば、こちらの行者ニンニク(Черемша)

これ、基本スーパーでの扱いはなく、地下鉄駅の周辺で、おばあさんたちが売っているのを、毎年買っていました。
今年は外出もままならず、屋外での立ち売りも厳しいだろうと、半分あきらめ気味でしたが、
願えば通じる!
少々育ちすぎの感はあるものの、今年も無事食べることができて、大満足。

辛味や、臭みもあって、私としては、ニラ感覚。
卵や、豚肉と炒め、ニラ玉風やニラ豚風になりました。

季節のものをいただくと、心も体も元気が出ますね。
自粛で、お口の臭さも気にしなくていいですし・・・
とまあ、ご存知かもしれませんが、私、基本、楽天家です。
リラの花と行者ニンニク ~JICサンクトペテルブルグ便り~【SPB】_f0072621_03230714.jpg





by jictravel | 2020-05-31 03:28 | ● JICモスクワ便り、ペテルブルグ便り | Trackback | Comments(0)

戦勝記念日 75周年 ~JICサンクトペテルブルグ便り~【SPB】

今年の春は、4月の下旬にも雪が舞うなど、
すっきりしない肌寒い日が続いていました。

それも、5月に入って、好天の日が増えてきて、青葉が一気に広がりを見せています。

しかし、そんな青空の元、ここにきてロシアは、ウィルスの感染者数が急増。
この調子では、しばらく隔離生活が続くことになるのだろうと覚悟を決めるこの頃です。

私も基本的に、近距離のスーパー以外にはどこへもでかけていないのですが、
先日、少しだけ足を延ばして、5月9日の「戦勝記念日 75周年」にまつわるものを
写真に収めてみました。

晴れ晴れしたロシア人の笑顔に会える日が、心から待ち遠しいです。
戦勝記念日 75周年 ~JICサンクトペテルブルグ便り~【SPB】_f0072621_04191612.jpg

by jictravel | 2020-05-09 04:25 | ● JICモスクワ便り、ペテルブルグ便り | Trackback | Comments(0)

ズジェーラン・フエスセセセール!~JICサンクトペテルブルグ便り~【SPB】

こんにちは。チャンチクです!174.png174.png174.png

外出自粛、どうですか?
カラオケの練習でもしましょう。

今日ご紹介するのは、オレグ・ガズマノフの「Сделан в СССР」という2004年の歌です。日本語にすると、「俺はソ連生まれだ」かな。
128.png歌詞の文法は難しくありません。皆さんもおなじみのロシアを象徴する地名や人名や物の名前を主格でほぼ並べてるだけ110.png110.png110.png。ロシア語初心者の方にもお勧めですし、日本人がいきなりカラオケで「俺はソ連生まれだ!136.png」って叫んだら、きっとウケるはず!164.png164.png164.png
https://www.youtube.com/watch?v=coeH02wg4lE

ウクライナ・イ・クリム、ベラルーシ・イ・マルドヴァ、エータ・マヤ・スタラナー!
サハリン・イ・カムチャカ、ウラーリスキエ・ゴールィ、エータ・マヤ・スタラナー!
クラスノダールスキー・クライ、シビリ・イ・パヴォリジェ、
カザフスタン・イ・カフカス、イ・プリバルチカ・トージェ
★ヤー・ラジュジョン・フサヴェツカム・サユーゼ、ズジェーラン・ヤ・フエスセセセール!
★繰り返し

リューリキ、ロマーノヴィ、レーニン・イ・スターリン、エータ・マヤ・スタラナー!
ラザリョンヌィ・ツエルクヴィ・イ・ノーヴィエ・フラームィ、
クラースナヤ・プローシャチ・イ・ストロイカ・ナバーメ、
★繰り返し
★繰り返し

オリンピースカエ・ゾーラタ、スタールトゥイ、パベーディ、エータ・マヤ・スタラナー!
ジューコフ、スヴォーロフ、コンバイヌィ、タルペーディ、エータ・マヤ・スタラナー!
アリガールヒ・イ・ニーシェ、モーシィ・イ・ラズルーハ、ケゲベー、エムヴェデー・イ・バリシャヤ・ナウーカ、
★繰り返し
★繰り返し

グリンカ、トルストイ、ドストエーフスキィ、チャーコーフスキィ、ヴルーベリ、シャリャーピン、シャガール、アイバゾーフスキィ、
ネフチ・イ・アルマーズィ、ゾーラタ、ガス、フロート、ヴェデヴェー、ヴェヴェエス・イ・スペツナス、
ウォーッカ、イクラー、エルミタシュ・イ・ラケーティ、サームィエ・クラシーヴィエ・ジェンシヌィ・プラネーティ、シャーフマティ、オペラ、ルーチシー・バレーティ、
スカジーチェ・グジェ・イェスチ・ト・チェヴォ・ウナス・ニェト.
ダージェ・エヴローパ・アビエジニーリシ・フサユース、
ヴメースチェ・ナーシ・プレートキ・スラジャーリシ・フバユー、
ヴメースチェ・ヴィーグラナ・フタラヤ・ミラヴァヤ・ヴァイナ、
ヴメースチェ・ムィ・サーマヤ・バリシャヤ・スタラナー!

ドゥーシャト・グラニーツィ・ベズ・ヴィーズィ・ニェリジャー、
カク・ヴァム・ベズ・ナス・アッザヴィーチェシ・ドゥルズィヤー!
★繰り返し
★繰り返し
★繰り返し
★繰り返し

by jictravel | 2020-05-07 06:36 | ● JICモスクワ便り、ペテルブルグ便り | Trackback | Comments(0)

スーパー事情と復活祭 ~JICサンクトペテルブルグ便り~【SPB】

コロナウィルスの影響下、ペテルブルグでも、引きこもり生活が続いています。
仕事でもPC画面を見ていることが多くて、最近は目の疲れからか、頭痛が・・・

そして、外に出るのは、食料、日用品調達のため、スーパーのみ。
今や、スーパーが一番の娯楽施設になっています。

私のうちは市内中心部にあるため、周囲のスーパーはいずれも小型店舗。
店によって、客層が違うので、気分転換を兼ねて、近場のいろいろなところを回っています。

そんな中、一番早くからコロナ対策への意識が高く、店員と客への配慮が見られたのは「アズブカ・フクサ」。

レジに向かう床にテープを張って、お客が自然に距離を取れるように明示。
もちろん店員はマスクと手袋。
買い物籠の持ち手のところも、消毒液が掛けられていました。
また、店内放送も、安全への注意喚起をアナウンス。

更には、先日立ち寄ったら、会計のおばさまは、遂にはプラスチックのフェースシールドも!!!

もちろん、お客のほうもマスク着用率が高く、
多店舗と比べて値段が高いのは否めないのですが、ここで買い物するのが気持ちの上で、一番安心です。



そんな中、4月19日は復活祭(パスハ)でした。
今年は例年以上に、クリーチやパスハを自分で作る人が多かったようで、
レシピ公開の動画も多く上がっていました。

また、スーパーやホームセンターにも手作り用のものが多数。

我が家の今年の卵は、写真の「絵画風」。

私自身は信者ではありませんが、
この復活祭とともに「一日も早く穏やかな日常が戻ってくることを祈りたい」
そんな気持ちになりました。

皆様も、どうぞ お元気で!


スーパー事情と復活祭 ~JICサンクトペテルブルグ便り~【SPB】_f0072621_19374419.jpg






by jictravel | 2020-04-20 19:43 | ● JICモスクワ便り、ペテルブルグ便り | Trackback | Comments(0)

あっという間のできごとでした ~JICサンクトペテルブルグ便り~【SPB】

こんにちは174.png174.png174.png174.png174.png
チャンチクです。
103.png103.png103.png世界は本当に大変なことになっていますね・・・。

サンクトペテルブルクの大学はみんな、リモート授業といって、いつもの時間割の時間にネットを介して家で授業を受けるシステムになりました。3月15日に明日からリモート授業になる、ってうわさがあって、その週からすぐリモート授業に移行したところもあれば、1周遅れ、2周遅れでリモート授業に切り替わったところもありました。初めは、接続がうまく行かなかったりして、ストレスがありましたが、慣れてくると移動の時間も必要ないし、お茶を飲みながらできるし、結構気に入っています。

いや~、それにしても色んなことがあっという間でした。
3月20日ごろから飛行機の発着なども制限されるようになって、その後4月5日まで外出自粛要請っていうのか禁止の発表があって、ペテルブルクではロジスティックとか食料品販売の会社以外はみんな休みになりました。で、4月2日に外出自粛が4月30日まで延長されました。

チャンチクは3月半ばにモスクワに2・3日行っていたんですけど、その週にワァっとコロナに対する危機感がモスクワでも広がって、実は宿泊拒否にあったんです。アジア人だからたったと思います。朝ホテルに行ったときは大丈夫だったのに、夜行ったらダメだって言われたので、びっくりしました。
3月はじめは、モスクワもサンクトペテルブルクも、ヨーロッパ人はコロナにかからないみたいな噂もあったほど、遠いアジアの国の話、他人事みたいな感じだったのに、あっという間の出来事でした。

モスクワから帰って来てからは、すぐにリモート授業に切り替わったこともあり、チャンチクは自分で勝手に外出自粛宣言をして、ダンス教室は3月末までやってたんですけどそれもずっと休んで、知り合いに会う約束もみんなキャンセルして、うちに引きこもっています。

とは言っても、買い物にも行くし、天気のいい日は散歩に行くし、自由に出て歩きはします。町の人も、天気のいい日は散歩に出ていますが、お互いすれ違うときは距離を開けるように気をつけています。最近はマスクをして買い物に出る人も増えています。うちの周りのことしかわかりませんが、スーパーは開いていますし、薬局も開いています。

無症状の若い人が無意識のうちにウイルスを拡散してしまう、しかも留学生など外国人と接する機会が普通の市民より多い、ということを考えると、大学をいち早く閉鎖したことには、大きな意味があったのではないかと、チャンチクは思っています。
もちろん、JIC留学生のみなさんはせっかくわざわざロシアまで来たのにリモート授業じゃ、日本にいるのと変わりないじゃん、って思うかもしれませんが、ピンチをチャンスに変えて、一緒に頑張りましょう!!!

移動にかかる時間が減って、勉強する時間が増えたわけですし、ロシアにいれば、テレビをつければロシア語だし、スーパーに行ってもロシア語だし、散歩に出れば看板はロシア語だし、とにかくオンタイムでロシアの対応や人々の気持ちの変化などが感じられるんですから。チャンチクもロシア語の勉強がんばります!コロナが収まったら、テスト受けに行こうかな。

とにかく、自分の健康管理にはどこにいても気をつけなきゃなりませんね!一番リスクがある医療従事者のみなさんはじめ、不特定多数の人との接触が避けられない食料販売や公共交通に携わるみなさんや、こんな中でもごみ収集に来てくれるトラックの運転手さんなどなどなど、今もリスクを負って働いている方々に感謝します。ありがとうございます!179.png179.png179.png179.png179.png
あっという間のできごとでした ~JICサンクトペテルブルグ便り~【SPB】_f0072621_16591739.jpg

by jictravel | 2020-04-06 17:01 | ● JICモスクワ便り、ペテルブルグ便り | Trackback | Comments(0)

おこもり生活のお供に  ~JICサンクトペテルブルグ便り~【SPB】

日本の皆さん お元気ですか?

サンクトペテルブルグも、コロナウィルスの影響で、先日から外出制限がかかっています。

検索エンジンで有名なヤンデックスは、これまでの料理のデリバリーに加えて、
食材や、日用品、マスクの配達業務を開始。

素早い対応は、さすが!

アプリで商品を選んで、カードで決済。
自宅まで、30分程度で商品を配達してくれるそうです。

ペテルブルグは、近年キャッシュレス化が進んでいて、
我が家も「料理作りたくない」なんて時は、このアプリでピザを注文したりしていました。

スーパーも、独自に宅配のサービスをやっているところがありました。
でも、利用者はごく一部だったのではないかと思います。

それが、この自宅隔離と、ヤンデックスの参入で、一気に利用者が増える予感。
普段から、デリバリーを使い慣れている若い人からは「既に、利用しているよ!」との声が聞こえてきます。

これもネット料金がとても手ごろなお陰。
ちなみに我が家の自宅のネット料金は、ルーブル安の今、月額500円を切っています。


映画や音楽の配信サービスも大幅に料金を下げたところも。
もちろん、お遊びだけでなく、娘の「英語の塾」なども既にzoomに移行し、オンラインで授業開始。

家族あげて、ネット依存と言えなくもないのですが、
私自身も、仕事だけでなく、マリンスキー劇場の配信をみたりして・・・。

たいして、閉塞感を感じることなく、日々を過ごすことができているのは、ネット様、様。

そして、おこもり生活、お楽しみの「おやつ」はこれ!
スィローク(トゥボラクと呼ばれるカッテージチーズにお砂糖や、フルーツを混ぜ込んだもの)です。


実は、このメーカーのチョココーティングされたものが「日本でも販売されている」と友人から聞いたばかり。

こちらでは、スタンダードなスィロークから、ピスタチオ入り、
焦がした練乳入り・・・・。
コーティング用のチョコレートもミルクタイプ、ブラックチョコタイプと商品構成は、実に多様。

正直、おこもり生活の今「カロリー的にこれって、どうなのだろう?」と思わなくもないのですが、
少しは、自分を甘やかさないと。

というわけで、
美味しいものを食べて、美しいものを見て、免疫力を高める。
これが私のコロナ対策です。






おこもり生活のお供に  ~JICサンクトペテルブルグ便り~【SPB】_f0072621_02091017.jpg



by jictravel | 2020-04-02 02:27 | ● JICモスクワ便り、ペテルブルグ便り | Trackback | Comments(0)