【SU】アエロフロート 2018年 6月~ の料金載せました。

アエロフロート 2018年 6月~ の料金載せました。モスクワ方面、ヨーロッパ方面ご旅行をお考えの方、料金をご覧いただき、ご検討下さい。

===
アエロフロート航空の
成田 ~ ウラジオストク
成田 ~ ハバロフスク
成田 ~ ユジノサハリンスク

の料金が変更されました。値下げです。


※以下記載の料金は古いもので現在とは異なります。
===
今回素晴らしいのが、この都市間内でオープンジョーができるということと、どこかで乗り継いで他都市まで行っても金額は同じというルールです。ただし、ストップオーバーチャージがかかるチケットタイプのものもあります。

そうです。ご存知の方は、アエロフロートで「成田 ~ モスクワ」の料金と「成田 ~ モスクワ ~ サンクトペテルブルグ」の料金が同じというやつです(航空券の予約発券方法とストップオーバーで料金が変わる場合もあります)。

さて、ここで旅程を組んでみましょう。

例えば、最も安いチケット「L」クラスに往復とも空席があった場合です。

■ユジノサリンスク往復 チケット代 40,000円 + 諸税 + JIC手数料 = 計 57,350円
9/27(木) 成田 ~ ユジノサハリンスク
10/4(木) ユジノサハリンスク ~ 成田

■3都市周遊 チケット代(同額です。) 40,000円+諸税+JIC手数料 = 計 58,110円
9/27(木) 15:50-19:50 成田 ~ ユジノサハリンスク
9/28(金) 13:25-15:10 ユジノサハリンスク ~ ウラジオストク
10/3(水) 17:00-18:20 ウラジオストク ~ ハバロフスク
10/4(木) 16:00-16:40 ハバロフスク ~ 成田

少し大げさな旅程の例ですが、どちらもチケット代そのものは同じなのです。
単純な「ウラジオストク往復」を、24時間以内の乗り継ぎ便でストップオーバー扱いせず、日本に近い「ニホチカ」ロシアの 3都市周遊です。

ユジノサハリンスクを観光する時間がなくてさみしいですが、
ウラジオストク滞在、ハバロフスクも半日くらいは観光できます。

これでストップオーバーチャージ 6,200円を追加していけば、旅程はかなり広がります。

チケットの料金は空席状況によって変わります。また、予約後の発券が早く、変更や取消に大きなペナルティがあるものが安いタイプのチケットの条件ですので、ご注意ください。
上記は、2012年 6月 13日時点での空席、レート等で計算した額となります。

[PR]

by jictravel | 2018-05-15 13:17 | 航空券 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://jictravel.exblog.jp/tb/17651205
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。