【EE】【TLL】エストニア タリン旧市街

タリン歴史街(旧市街)は、西欧の歴史的な町の一番美しいものであるといわれる。13世紀にデンマーク人により創立される。歴史的にデンマーク、ドイツ、スウェーデンの領土となっていたため、その建築物がいまだ残っている。1997年にタリン歴史街はユネスコ世界遺産となる。

トームペア丘の展望台からの眺め

アレクサンドル・ネフスキー聖堂

ヴィル門

タリン市内のレストラン

キーク・イン・デ・キョク塔

ラコエヤ広場

ラコエヤ広場 旧市庁舎

旧市街



タリン港

エストニア料理

<タリンのホテル紹介>

オレヴィ・レジデンツ(Olevi Residents)
タリン旧市街に位置する14世紀の建物。2003年にホテルになりました。市庁舎広場まで歩いて5分。

ゴットハルド・レジデンツ(Gotthard Residents)
タリン旧市街のはずれにある14世紀の建物。ゴットハルドとは、18世紀の持ち主の名前です。
2011年にホテルになりました。市庁舎広場まで歩いて10分。

<ドリオルグ(エカテリーナの谷)>

エストニアがロシア帝国の一部となったとき、ロシアの皇帝であるピョートル大帝は奥さんのエカテリーナにタリンの近くに宮殿を建てました。宮殿の名前は、カドリオルグ(エカテリーナの谷)です。現在、もとの宮殿に美術館があり、そのまわりにタリンの一番美しい公園が位置します。カドリオルグの隣に、5年毎に音楽祭が行われる原っぱがあります。そして、ピリタ川がフィンランド湾に入流する辺りでは、1980年モスクワオリンピックのレガッタが行われました。

<ロテルマンニ地区>

ロテルマンニ地区は、旧市街と港の間に位置します。最近までは、ソビエト時代の寂れた工場の建物に過ぎませんでした。アンドレイ・タルコーフスキーの「ストーカー」の一部は、1979年にこの辺で撮影されました。近年になり、元の工場の建物に、カフェ、映画館、画廊、デザインショップなどができました。
[PR]

by jictravel | 2014-08-25 18:59 | バルトの国々 | Trackback | Comments(0)

【EE】エストニア チュード湖周辺『タマネギの道』

<ロシア正教・古儀式派とエストニアのコルキヤ村>

コルキヤ村の周辺は、「タマネギの道」と呼ばれています。17世紀にロシア正教会のニコン総主教が改革をおこない、その改革に抗議するロシア人(いわゆる「古儀式派」)は迫害されたため、遠くまで逃げました。一部はチュード湖(ペイプスィ湖)の西岸まで移動しました。古儀式派ロシア人は、伝統の文化を大事にしてきました。

料理は、チュード湖のパイクパーチを始めとするあらゆる魚や有名な「チュード湖のタマネギ」です。チュード湖のタマネギは、19世紀から培養され、ナチュラルな味で非常においしいです。今年(2014年)からそのタマネギは、正式にエストニアの料理ブランド商品となりました。

アラツキヴィ城の博物館

チュード湖のゲストハウス訪問

コルキヤ村『タマネギとサカナ』レストラン






コースチャさんのタマネギ村



サモワールで入れた紅茶をどうぞ!

セト(セトゥ)とは、南東エストニアと北西ロシアに住んでいる小民族です。言語はエストニア語に近いですが
伝統的な宗教はロシア正教です。

セト料理







セト博物館

<リンドラ・フェアー レパッサーレ村>

リンドラ・フェアーは、セト地方の一番大きいフェアーのひとつです。ほぼ100年間、毎年10月28日に行われるフェアーです。昔は、家畜の市でしたが、最近は、居職人の道具や御土産、現地の野菜など売っています。このフェアーは朝から番まで続いていて、文化プログラムもあります。

<レストラン 「タールカ・タレ」>

このレストランは、セトゥ人の伝統的な家の中です。奇麗な衣装を着るセトゥ人の奥さんが料理を作るため、昔の雰囲気で料理を味わいます。またセトゥ・レーロのデモンストレーションを楽しみます。

セトゥ・レーロとは、セトゥ人の歌のことです。多声で歌うのは、エストニア人などとちがってセトゥ人のユニークなことろです。「歌」といっても、自分が嬉しいときとか、悲しいときとか、そのときの気持ちを表現する方法です。ユネスコ無形遺産にはいっています。

用語参照:セト・レーロ、セトの多声歌唱 Seto Leelo, Seto polyphonic singing tradition、2009年 UNESCO "Intangible Cultural Heritage"





ノイハウゼン城の遺跡訪問。この13世紀の城は、セトゥ地方がドイツ騎士団とロシアの間に位置した時代の遺跡です。
[PR]

by jictravel | 2014-08-25 18:48 | バルトの国々 | Trackback | Comments(0)

【KG】【FRU】カザフスタンのアルマトイからキルギスのビシュケクへ。


ビシュケク中央郵便局で切手を購入しました。「おー、きれいな切手」と言いました。おつりの10ティン硬貨を一旦渡してくれたのですが、その硬貨がちょっとくすんでいたので窓口のおばさんはぴかぴかのに交換してくれ「こっちの方がいいでしょ」と。こういう人と出会える国が好きなんです。


キルギス、ビシュケクの新しいショッピングモールに驚きました。ツム百貨店、シルクウェイショッピングセンター、ドルドイプラザをぷらぷら見た後という順番だったので「最新」という強烈な印象です。


「雪のかぶった山を見ながらイシククル湖で泳ぐ」というのが旅の夢のひとつでした。長い間思っていた夢を叶えにチョルポンアタへ向かいます。今回のカザフスタン~キルギス旅の最大の目的です。山が美しいのです。


イシククル湖で石くくる子。


旅行中もっと食べられたら、といつも思うのですが胃袋が小さくて1日2回、その1回も少量で、悔しい思いをします。ビザ無しカザフスタンからキルギスへ移動し、短期間滞在で食べたほんの少しの料理です。


キルギスマトリョーシカのかわいいキーホルダーを買ったのですが、写真を撮るのを忘れました。ところでお金、硬貨ですが「3」というのは珍しくないですか?他国で「3」を使っているのを経験した事が無いと思うのです。


チョルポンアタのホテル写真が残せず、すみません。アットホームなホテルで朝食のみ料金での予約だったのですが「食事をサービスします」と言われ、夕朝昼といただき、イシククル湖でのんびりしました。


ビシュケクの『ファイーザ』はガイドブックにある通り、人気レストランだったのですね。ちょうどラマダンの時期で、日没後の食事のために全席予約で満席になっていました。食べられず残念です。次回はぜひ行きたいです。


ブラナの塔へ行こうと思って、トクマク着。「タクシー往復貸切でどうだ?」と言われたのです。最初の提示額としては良心的な金額だったのですが「時間もかかる、歩く、面倒なマルシュルートカ」で行きたいのです。 


時間も無い旅行なのに、なぜそんな事にこだわっているのだろうと思いながらマルシュルートカを待っていたのですが、キルギスという国、そこに住む人々はその答えを教えてくれました。つぶやきでは書き切れず。


立て続けにやさしさを受け、ブラナの塔へ導いてもらいました。そして帰りにもまだ出会いとやさしさが待っていて、トクマクまで導いてもらい。簡単に言うと「人と出会う機会が増える手段を選んだのだな」と。


ビシュケクのマナス空港。深夜3時なのでお店は閉まってるのだろうと思っていたのですが、ほとんどオープンしており、前日にわざわざ使い切っておいた残金11ソムで買えた物は3 in 1ネスカフェインスタントコーヒー粉1杯分でした。
[PR]

by jictravel | 2014-08-21 22:39 | キルギス | Trackback | Comments(0)

【QR】カタール航空 新ドーハ(ハマド)空港乗り継ぎ

ハマド国際空港の乗り継ぎを体験してきましたので、ご報告致します。

カタール航空 QR は羽田発着もしている上、チケット代金もかなり安い(キャンペーンはお見逃しなく!)のでヨーロッパ、中東、アフリカ、南米に飛ぶ方々には重宝します。そして機内食、機内エンターテインメントもかなり良いのです。

今まで玉に瑕であったドーハ空港も、新しい空港になって乗り継ぎに便利になりました。
(逆に、広大、巨大過ぎるので時間に余裕を持って歩いてください)

JICではこのカタール航空 QR を利用したツアー、グルジアのフリープランをご案内しております。添乗員はおりませんので、空港の乗り継ぎにご参考になさってください。

チェックインカウンターで手続きをすると乗継便の搭乗券を黄色いチケットフォルダーに入れてくれます。通常の乗継時間であれば黄色、急ぎの短い乗継時間であればオレンジ色で縁取りされた黄色いチケットフォルダーです。※写真はエコノミークラスの場合です。

羽田からの便はボーディングブリッジを使って降機しました。「全便、降機後バス移動」の今までとは最も大きく異なる点です!

到着したボーディングブリッジは出発階(1階)なので一旦到着階(2階)に上がります。(※地上階はG階)

「Transfers」の文字を頼りに歩きます。

ひたすら真っすぐ「Transfers」の方向へ歩きます。動く歩道が出現してうれしいです。

「Arrivals」と「Transfers」の分岐に着きました。

この写真の場合、「Transfers」の方向へ歩くと、左手にセキュリティチェック、右手に乗り継ぎ手続きカウンターがあります。

左手が「Transfer Screening(セキュリティチェック)」、右手が「Transfer Desk(乗り継ぎ手続きカウンター)」。

乗継便搭乗券をお持ちであれば、左手の「Transfer Screening」へ進みましょう。

セキュリティチェックが済んだら、奥のエスカレーターで出発階(1階)に下りましょう。

出発階(1階)に下りてきました。「ABCDE」の表示があります。これから自分のゲート番号に向かって歩いていきます。

「CDE」ゲート方面の案内が見えます。

1階出発階からエスカレーターでG階地上階に下りました。「D20-D24」の案内が見えます。わからない時や不安な時は空港職員に搭乗券を見せて尋ねましょう。

やっと「D」ゲートのエリアに着きました。

「D21」ゲート前です。「QR251 07:25 Tbilisi」の表示が見えます。ここからバスに乗って飛行機まで移動して搭乗します。案内があるまで近くの椅子でお待ちください。(ゲートは変更になる場合がありますので都度ご確認ください)

===
※旧ターミナル
[PR]

by jictravel | 2014-08-19 20:55 | 航空券 | Trackback | Comments(0)

【KZ】【ALA】カザフスタンビザ無し入国を試してみる。


「カザフスタンのビザ無し入国を試す」という目的の旅は、いきなり旅のハイライトを迎えます。実施後3日目だったので案の定「VISA NO。」と咎められる感じですが、「VISA NO。」とこちらも繰り返して言ってみます。


アルマトイのホテル『カズジョル KAZZHOL Казжол』の写真です。前回は人の家に宿泊させてもらったのでカザフスタン初ホテルです。エコノミーシングルはちょっと狭い感じですがバルコニーもあります。朝食の品数がなかなか多く朝から楽しいです。 


アルマトイ2泊目はホテルを変え、『アストラ』。駅、バス停、メトロ、ザヤハットバスターミナルが徒歩圏ですので行動派の方にはよいでしょう。質よりも立地の良い事が料金に反映されている感じです。 


アルマトイを歩きながら見つけたホテルだけぱしぱしと撮ってきました。自分の足で歩くと距離感がつかめて一番いいです。視察などで車で回ると土地勘がつかめません(時間が無いので仕方無いのですが)。


ビシュケクで切るつもりだったのですがアルマトイが暑くて髪がうっとうしいので切りました。カット600テンゲ(約320円)。仕事が丁寧で仕上がりに大満足です。アルマトイ市内の写真を載せました。


アルマトイの「2」駅です。「1」もあるので列車でアルマトイに到着する場合にはどちらに着くか確認しておくと少し安心です。駅構内にはトイレ、両替所、荷物預かり所があります。


アルマトイの地下鉄の写真です。車両も駅もきれいです。自動券売機か有人窓口にてジェトン(メトロコイン)1回1枚80〒(テンゲ)で購入して乗ってください。線は一本なので難しくないと思います。


アルマトイのゼンコフ正教教会です。大きな見どころのひとつのはずなのですが、初アルマトイ時はぼけぼけして行かず。今回の再訪では必ず見たかったのです。独特の色づかいだと思うのです。きれいです。


アルマトイのコクトベです。ビートルズと記念撮影できるのですが、「アップル」つながりなのかな、と推測。「アルマトイ(リンゴの里)」と「アップルレコード」。「リンゴ」つながりなのかな、と推測。「アルマトイ(リンゴの里)」と「リンゴスター」。実際の理由はそうではないようです。


電波少年みたいなテレビ(『麺ロード』という企画だったか?)で「ラグマン」という食べ物を見てからずーっと憧れの食べ物でした。何年も前にカザフスタンで初めて食べておいしくて感動しました。今回のはドゥンガン(回族)風ラグマンです。


カザフスタンから出国後にキルギスに行く予定でしたので、カザフスタンのおみやげは残ったお金〒(テンゲ)でチョコを買っただけでした。でも、ミニ国旗チョコはなかなか良いおみやげだと思うのです。


アルマトイのサイラン・バスターミナルからビシュケクに向けてバスに乗ります。キルギス国境までは休憩を入れても3時間半くらいで着いてしまうのですが、国境の待ち時間が長く(乗客の審査、手続きは早く済んだのですが肝心のバスとドライバーがなかなか来ない。なんだかんだで1時間以上)、結局5時間かかりました。 


カザフスタンのアルマトイからミニバスでキルギスのビシュケクに向かいます。フライトスケジュールを考えると陸路でビシュケクに向かうのが、最も日程を組みやすいかと思います。アルマトイは2泊だけでした。


アルマトイの写真報告終了だったのですが大事な出国部分が抜けており、尻切れトンボですみませんでした。丸いスタンプのがカザフ出国、その右下がキルギス入国です。陸路国境でも空路国境と同じく「VISA NO」と言われ、他の係員に確認していました。ここではさらに2、3の質問(渡航の目的と滞在日数)に答えて手続き完了でした。
[PR]

by jictravel | 2014-08-07 19:11 | カザフスタン | Trackback | Comments(0)

【JP】【NRT】日本 成田国際空港


キルギスから帰って来た時の写真を整理しようとしていたら、「成田空港」というのもひとつの観光地だな、と思い、最近2年分くらいの写真をまとめてみました。第1ターミナルの様子です。季節外れのクリスマスツリーですみません。
[PR]

by jictravel | 2014-08-06 18:18 | JAPAN 日本 | Trackback | Comments(0)