【KG】キルギスについての渡航情報(危険情報)の発出


【危険度】
●バトケン州全体(ウズベキスタン及びタジキスタンの飛び地を含む)及びオシュ州とジャララバード州のウズベキスタンとの国境地帯
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●オシュ州及びジャララバード州(ウズベキスタンとの国境地帯を除く)
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●首都ビシュケク市,チュイ州,タラス州,ナリン州及びイシク・クル州
レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●バトケン州全体(ウズベキスタン及びタジキスタンの飛び地を含む),及びオシュ州とジャララバード州のウズベキスタンとの国境地帯では,イスラム過激派組織及び麻薬密輸グループの利用ルートであり,キルギス及びタジキスタン当局との衝突が発生していますので,渡航は止めてください。
●オシュ州及びジャララバード州(ウズベキスタンとの国境地帯を除く)では,民族衝突,野党勢力による抗議活動が発生したり,治安当局とイスラム過激派組織等の間で銃撃戦が発生する等のおそれがありますので,不要不急の渡航は止めてください。
●首都ビシュケク市,チュイ州,タラス州,ナリン州及びイシク・クル州では,反政府勢力によるデモ活動,イスラム過激派による活動及び同過激派と治安当局との銃撃戦等が発生するおそれがありますので,十分注意が必要です。
===
外務省 海外安全ホームページ より

●バトケン州全体(ウズベキスタン及びタジキスタンの飛び地を含む)及びオシュ州とジャララバード州のウズベキスタンとの国境地帯:
「渡航の延期をお勧めします。」(継続)

●オシュ州及びジャララバード州(ウズベキスタンとの国境地帯を除く):
「渡航の是非を検討してください。」(継続)

●首都ビシュケク市,チュイ州,タラス州,ナリン州及びイシク・クル州:
「十分注意してください。」(継続)

[PR]

by jictravel | 2016-10-11 15:42 | キルギス | Trackback | Comments(0)

【KG】キルギス大使館 お休み

キルギス大使館

2015年
5/1(金)、5/7(木)

お休みとなっております。

[PR]

by jictravel | 2015-04-28 10:00 | キルギス | Trackback | Comments(0)

【KG】【FRU】カザフスタンのアルマトイからキルギスのビシュケクへ。


ビシュケク中央郵便局で切手を購入しました。「おー、きれいな切手」と言いました。おつりの10ティン硬貨を一旦渡してくれたのですが、その硬貨がちょっとくすんでいたので窓口のおばさんはぴかぴかのに交換してくれ「こっちの方がいいでしょ」と。こういう人と出会える国が好きなんです。


キルギス、ビシュケクの新しいショッピングモールに驚きました。ツム百貨店、シルクウェイショッピングセンター、ドルドイプラザをぷらぷら見た後という順番だったので「最新」という強烈な印象です。


「雪のかぶった山を見ながらイシククル湖で泳ぐ」というのが旅の夢のひとつでした。長い間思っていた夢を叶えにチョルポンアタへ向かいます。今回のカザフスタン~キルギス旅の最大の目的です。山が美しいのです。


イシククル湖で石くくる子。


旅行中もっと食べられたら、といつも思うのですが胃袋が小さくて1日2回、その1回も少量で、悔しい思いをします。ビザ無しカザフスタンからキルギスへ移動し、短期間滞在で食べたほんの少しの料理です。


キルギスマトリョーシカのかわいいキーホルダーを買ったのですが、写真を撮るのを忘れました。ところでお金、硬貨ですが「3」というのは珍しくないですか?他国で「3」を使っているのを経験した事が無いと思うのです。


チョルポンアタのホテル写真が残せず、すみません。アットホームなホテルで朝食のみ料金での予約だったのですが「食事をサービスします」と言われ、夕朝昼といただき、イシククル湖でのんびりしました。


ビシュケクの『ファイーザ』はガイドブックにある通り、人気レストランだったのですね。ちょうどラマダンの時期で、日没後の食事のために全席予約で満席になっていました。食べられず残念です。次回はぜひ行きたいです。


ブラナの塔へ行こうと思って、トクマク着。「タクシー往復貸切でどうだ?」と言われたのです。最初の提示額としては良心的な金額だったのですが「時間もかかる、歩く、面倒なマルシュルートカ」で行きたいのです。 


時間も無い旅行なのに、なぜそんな事にこだわっているのだろうと思いながらマルシュルートカを待っていたのですが、キルギスという国、そこに住む人々はその答えを教えてくれました。つぶやきでは書き切れず。


立て続けにやさしさを受け、ブラナの塔へ導いてもらいました。そして帰りにもまだ出会いとやさしさが待っていて、トクマクまで導いてもらい。簡単に言うと「人と出会う機会が増える手段を選んだのだな」と。


ビシュケクのマナス空港。深夜3時なのでお店は閉まってるのだろうと思っていたのですが、ほとんどオープンしており、前日にわざわざ使い切っておいた残金11ソムで買えた物は3 in 1ネスカフェインスタントコーヒー粉1杯分でした。
[PR]

by jictravel | 2014-08-21 22:39 | キルギス | Trackback | Comments(0)