カテゴリ:ロシア〓ウラジオストク( 55 )

【VVO】ウラジオストク出張 鷲の巣展望台 ホテル「シビルスコエ・パドヴォーリェ」 2017年8月26日(土), 27日(日)

※それぞれの写真をクリックすると、さらにたくさんの写真を見る事ができます。

<2017年 8/26(土)>
市内へ戻り、鷲の巣展望台とホテル「シビルスコエ・パドヴォーリェ」を見学。

スタンダードダブル1室しか空いていなかったのですが、十分に広く、清潔で可愛らしく、自分も泊まってみたいと思うホテルでした。アメニティは袋に入ったシャンプーや石鹸類しかありませんでした。

レセプションのある建物と宿泊棟が別になっているのが特徴です。レセプション前にソファとテーブルがあり、狭いながら雰囲気の良いロビーもありました。

オケアンスキー・プロスペクト沿いにあり、ホテル敷地の門を出て左手を見ると、中央広場にある戦士の像が見え、立地は非常に良いと言えます。

<8/27(日)>
10:30 ガイドさんと合流し、空港へ。

ウラジオストク空港

1階に両替所(日本円の取り扱いあります。営業時間:09:00~18:00)、お土産屋さん、カフェ。2階にもお土産屋さん、DUTY FREE STORE、カフェ&バー等。1階、2階ともトイレは広くて綺麗。トイレットペーパー、ペーパータオル完備。


到着時のバゲージは、出発地の異なる2機分が同じターンテーブルに出てくることもあり、ターンテーブル上の電光表示板の出発地表記は1箇所分のみのため、少し注意が必要。

空港の駐車場は15分まで無料。


S7 565便
チェックイン開始、出発ともに定刻。アナウンスはロシア語と英語。「ご搭乗ありがとうございます」等の定型アナウンスは日本語もあり。シート3列×3列。モニター類一切なし。

旅客は8割が日本人で、ほぼ満席。大型グループの方々がいらっしゃいました。

機内食&ドリンクサービスあり。機内食のサンドイッチはチーズまたはチキン。ドリンクは水、コーヒー、ジュース(りんご、オレンジ)等。サンドイッチは硬かったもののロシアのパンがおいしかったです。成田到着も早まることなく、定刻。

14:40 成田到着


【その他】
ご案内している市内の両替所「サミットバンク」(アドミラーラ・フォーキナ18)は、ブースに入って替えたいお金を出すだけなのでロシア語が分からないお客さんでも使いやすいと思いました。700 USDを越えなければ両替時のパスポート提示も不要とのことです。

ロシア民芸品店を買うならオケアンスキー・プロスペクト沿いにある「セミョーノフスキー・パッサージュ」がおすすめです。

[PR]

by jictravel | 2017-10-13 17:15 | ロシア〓ウラジオストク | Trackback | Comments(0)

【VVO】ウラジオストク出張 ルースキー島 2017年8月26日(土)

※それぞれの写真をクリックすると、さらにたくさんの写真を見る事ができます。

<2017年 8/26(土)>
レストラン「ポルト・フランコ」にて昼食。

レストラン「ポルト・フランコ」

昼食のため立ち寄ったレストラン。ノスタルジアが営業していない今、一番お勧めのロシア料理レストランでしょう。立地もよし。ボルシチとビーフストロガノフ、モルスをいただきましたが、どれも非常に美味しかったです。ディナーにも。


ルースキー島へ移動、ヴォロシロフ要塞と水族館を見学。

ヴォロシロフ要塞

ちょうどリニューアルオープンしたばかりのホットなスポットでした。パトリオットパークも開設し、オープニングセレモニーも開かれていたため歌とダンスも見ることができました。

要塞跡や戦車等は、子供や男性、特別そういったものが好きな人たちには楽しめると思います。ミサイルの模型や大砲、戦車は見ごたえがあり、床材の貼り方や空気清浄機など、地下シェルターにあったものとの共通点も多く発見できました。

要塞までの道があまり良くなく、ガタガタと揺れ砂埃もひどいです。また、トイレが本当にひどいもので、掘っ立て小屋の床に穴だけが空いているタイプでした。トイレットペーパーのホルダーのようなものは一応付いていましたがペーパー自体はありませんでした。トイレ使用料は無料。要塞内と外にはちょっとしたお土産屋、子供のための遊具、カフェスペースもありました。


水族館】 参考URL → http://primocean.ru/

到着が夕方だったため内部のみをざっと見学。建物の周りは開けており、海の方まで歩けるようなので時間があれば散策してみたかったです。

以前の報告書と重なりますが、一般車両は水族館付近まで乗り入れることができないため、駐車場から15分程度歩く必要があります。シャトルバスもありますが、20分に1本程度とのこと。団体客用のバスであれば事前に申請すれば水族館付近まで行くことが可能。一般のお客様はシャトルバスを待つか歩くしかありません。

内部は模型の展示や映像などが多く、また熱帯植物の展示などもあり、一部博物館や植物園のようでもありました。展示物の説明はロシア語、英語、中国語のみ。新しいだけあって綺麗ですが、やはり日本の水族館の方が洗練されているという印象です。

一番人だかりができているのはバイカルアザラシの水槽前でした(動きが早すぎて写真をうまく撮ることができませんでした)。なお、トイレは広くて綺麗!トイレットペーパー、ペーパータオル完備。

チケットについて:水族館の入場券は5日前から購入可能です。入場券のみの場合はホームページのロシア語表記でも購入可能(9/28現在、英語表記では購入不可)。イルカショーのチケットも同じく5日前から購入できますが、こちらはHP上では購入できないため必ず水族館まで行く必要があります。ショーのみのチケットは購入できないため、入場券+ショーチケットのセットでの購入となります。 

[PR]

by jictravel | 2017-10-13 16:28 | ロシア〓ウラジオストク | Trackback | Comments(0)

【VVO】ウラジオストク出張 地下シェルター 2017年8月26日(土)

※それぞれの写真をクリックすると、さらにたくさんの写真を見る事ができます。

<2017年 8/26(土)>
10:30 ガイドさんと合流し、NKVDのシェルターツアーへ


個人的にも一番行ってみたかった場所で、同じくずっと行ってみたかったというガイドさんと入ることができました。
ツアーの入口となる場所は、ゴーリキードラマ劇場の向かって左の道を少し進んだ場所にあります。

内部に入るにはアルトゥールさん+ガイドが必ず必要ですが、このアルトゥールさんが結構忙しい方で、アルトゥールさんの予定次第で入場可・不可が決まります。ツアー催行にベストな人数は10名。多くても20名まで。

入場前に、足元を照らすためと行き先を照らすため、懐中電灯を2本貸してもらえます。また、地下は10℃~13℃ほどしかないため、夏場でも厚手のパーカーやジャケットが必要です。ある程度進むとまた少し寒くなるため、途中から上着を貸し出してくれます。

足元は悪く、非常に汚いため、汚れても良いスニーカーが必須です。
空気も悪いので、気になる方にはマスクの持参を勧めた方が良いと思われます。

劣悪な空間のため、廃墟等が好きな人でないと素直に楽しめないかもしれません。また、ツアー中2~3時間はずっと暗闇にいることになるため、閉所・暗所が苦手な人にはお勧めできません。

内部は非常に湿っており、時折上部から水滴が落ちてくるような状態でしたが、これは夏場だったからのようで、冬場は内部も乾燥するため冬のツアーを勧められました(冬の方が内部を温かく感じられるというメリットもあります)。

災害時や戦争時等に逃げ込み、そのまましばらく生活できるように作られた場所のため、色々な部屋があり、方向感覚が失われました。実際に旧極東連邦大学の教室の床下に繋がる部分もありました。

途中、懐中電灯を消させたり(本当に真っ暗)、サイレンを鳴らしたり、人形のようなもの(ボリス)が置いてあったりと、驚かせるポイントがいくつかあるため、大人数で行って1人がパニックになったら大変です。

たくさんの人々に訪れてもらうため、現在少しずつ修繕を進めているようで、今後はもっと歩きやすくなることが期待されます。アルトゥールさんは歴史にも詳しく、非常に素晴らしい案内をロシア語でしてくださいます。



[PR]

by jictravel | 2017-10-13 15:53 | ロシア〓ウラジオストク | Trackback | Comments(0)

【VVO】ウラジオストク出張 E-VISA 調査 2017年8月25日(金)

最大の目的であったE-VISA取得、入国・出国が問題なく終えられたので良かったと思います。
その他、NKVDの地下シェルターや、リニューアルしたばかりのヴォロシロフ要塞にも行くことができました。
3日間の日程では短すぎるという印象ですが、ご都合に合わせた期間でウラジオストクをお楽しみください。


E-VISAについて


※それぞれの写真をクリックすると、さらにたくさんの写真を見る事ができます。

<2017年 8/25(金)>

自宅から出発、08:02 新宿発NEXにて成田空港へ。



出国前に南ウイング、北ウイングの両替所を見て回り、ロシアルーブルの取り扱いとレートを確認しました。下記は2017年 8/25時点の情報です。

三井住友銀行 1ルーブル≒2.45円
GPA外貨両替専門店、千葉興業銀行、千葉銀行 1ルーブル≒2.35円
三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行 取扱なし

10:40~ HZ3639便のチェックイン開始。

空港のチェックインカウンターにてパスポート、E-チケットと共にE-VISAを提示。
スタッフの方がE-VISAの内容を確認していました。その際、全日程を確認できるものの提示を求められましたが、帰国便のE-チケットの提示で問題ありませんでした。また、海外旅行保険の加入の有無については口頭での確認のみで、証券の提示は不要でした。
 

オーロラ航空便の到着遅れにより遅延。13:10 → 13:45 → 14:10発に。

HZ 3639便
定刻より1時間遅れで出発。理由は使用機材の到着遅れ。
アナウンスはロシア語、英語。シート2列×2列、モニター類は一切なし。
旅客は8割がロシア人で、満席。ドリンクサービスは2回(機内食なし)。
1回目…水、お茶、ジュースから選べました。
2回目…強制的にりんごジュースが配られました。
トイレが詰まっており、とても使用できる状態ではありませんでした。
着陸と同時に、隣に座っていたロシア人のおじさまが

「ロシアへようこそ!ウラジオストクへようこそ~!」

と大きな声で言ってくださいました(が、ウラジオストクの方ではなかったそうです)。
 

ウラジオストク入国時には、他の旅客と同じパスポートコントロールに並びました。E-VISA取得者用に別のブースがあるわけではありません。
パスポートコントロールではE-VISA用紙とパスポートを提示。
係官はPC上の情報と記載事項を確認していたようでした。目的や宿泊場所の確認等は一切なく、出入国カードに署名を求められたのみでした。
パスポートに残るものはスタンプのみ。トータル5分程度で通過できました。

到着後、送迎車にてホテルへ。
 

ホテルチェックイン時にもE-VISA用紙とパスポートを提示しました。これ以降はE-VISA用紙を確認される場面は一切ありませんでしたが(出国審査ではパスポートと出入国カードの提示のみ)、念のためパスポート、出入国カードと共に常に携帯してもらった方が良いかと思います。

その後、たまたま『まるごとロシア』のお客さんと買い物に行くことになりました。


ホテル「プリモーリエ」
チェックイン時、パスポートはコピーを取られただけですぐに返却してもらえました(E-VISA用紙は名前を見られた程度)。
部屋はECO SGLに宿泊。
 

バスルームのドアが壊れており、しっかり閉まらない状態でしたが特に気にならなかったためそのまま使用しました。
バスルームのアメニティはあまり質のよくないシャンプー、ボディーソープ、櫛、歯ブラシ、石鹸、サニタリー袋、グラス。
部屋には扇風機、冷蔵庫(中身は空)、テレビ、栓抜き、ティッシュ(ポケットティッシュのような小さいもの)、ティーカップ、使い捨ての薄いスリッパ。
1日1回、夜のお誘いだと思われる電話がかかってきました。女の声で応対したためすぐに切られましたが、男性のお客様にはややしつこいようです。
 

朝食はPIZZA Mで朝6時から。メニューは5種類で、日本語のメニュー表も用意がありました。2日目はカーシャが忘れられ出てきませんでした。稀に何かの付け忘れがあるようです。ピザやドリンク類はビュッフェになっており、セルフサービス。
ホテルに併設のパン屋は、平日は朝8時から、休日は朝10時からの営業。



[PR]

by jictravel | 2017-10-13 15:12 | ロシア〓ウラジオストク | Trackback | Comments(0)

【VVO】【RU】電子ビザ取得 ウラジオストク自由港について

ロシア・ウラジオストクからの入国・出国限定で電子ビザの発行が開始されました。
ロシア入国4日前までのオンラインでの申請により日本でのビザ取得の必要が無くなり、パスポートお預かり不要。
ウラジオストクへのご旅行がぐっと身近になりました。

正式名称:ウラジオストク自由港を訪問するための電子ビザ(ウラジオストク・電子ビザ)
электронной визы для посещения свободного порта Владивосток
E-visa to visit the free port of Vladivostok

実施・発行機関:ロシア連邦外務省・領事局

申請方法:ロシア入国の4日前(週末含)までに申請。申請から5日目からロシア入国可。

国籍:日本国籍。その他認められた全18カ国の国籍者

ビザの有効期限:電子ビザ発行日から30日間以内。
※発行されたビザの期間内にロシアから出国する必要があります。

滞在可能日数:8日間以内。

入国・出国可能なポイント:ウラジオストク・クネヴィッチ国際空港およびウラジオストク・海の港(旅客)

滞在可能な地域:沿海地方のみ。
※ウラジオストクから入国、ハバロフスクから出国などは不可。


先日e-visaを取得しましたのでご報告します。(※2017年8月の出張報告です)

↑e-visa取得のためのサイトですが、日本語で閲覧可能になっています。
写真をアップロードするのに非常に苦労しました。ファイルサイズが条件より大きくなりましたが(60KBくらいで)最終的にはアップロードできました。

※条件:jpegフォーマット。450×600ピクセル以上。6カ月以内に撮影。写真にフレームワークが無いこと。ファイルサイズ20-35KB

申請後、約2時間程度で、申請時に記入したメールアドレス宛に「Notice.pdf」というPDFが届きました。同じものを上記のサイトの「ステータスの確認」でも確認できますがサイト上で確認できるまで1日程度かかりました。なお、英語とロシア語で見た場合には問題なく確認できましたが、日本語と中国語で見た場合には「パスワードが不正確か申請書が見つかっていません。」という文言が出てNoticeの書類は確認できませんでした。

申請書画面、Notice.pdf は下部に載せました。ご参考ください。

e-visa申請後に送られてくる(サイト上でもダウンロードできる)「Notice.pdf」というPDFファイルを印刷したものをご用意ください。スマートフォンやタブレット上での表示でも良いようですが、小さくて見にくいため印刷した方が親切、また便利かと思います。空港のチェックインカウンターにてパスポート、E-チケットと共に提示しました。


■申請画面 ※クリックすると拡大されます。
ウラジオストク自由港を訪問するための電子ビザ申請画面

■Notice.pdf ※クリックすると拡大されます。
e-visa

[PR]

by jictravel | 2017-10-13 13:08 | ロシア〓ウラジオストク | Trackback | Comments(0)

【VVO】ウラジオストク 3日間 / 4日間 / 5日間 1名様からのフリープラン

ウラジオストク 3日間 / 4日間 / 5日間 1名様からのフリープランのご案内です。

日本からのフライト 2時間半。お隣の国ロシアで遊ぶ3日間、4日間、5日間。
日本に近い「ニホチカ」ロシアへ海外旅行はいかがでしょうか。

まだロシアへ訪れたことのない方!
こんなに近い「ニホチカ」ロシアがありますよ!
[PR]

by jictravel | 2017-09-22 09:29 | ロシア〓ウラジオストク | Trackback | Comments(0)

【VVO】ウラジオストク出張 2017年7月26日(水)~29日(土)

【7月26日】
12:45~ チェックイン開始

14:20頃 セキュリティー、出国審査へ

15:45 S7-570 定刻通り出発 固いサンドイッチとジュースが出ました。

19:05 ウラジオストク到着 入国審査に1時間弱、時間がかかりました。

20:00頃 係員と着出口で合流。

21:00前 ホテル『アクフェス西洋』到着
パスポートをレセプションに預けました。WiFiのパスワードを知らせてもらいました。夕食会場へ。メイン(鶏肉のシャシリク)、デザートのアイス、フルーツ、ジュース。食事は少なめで足りないくらいでした。

■ホテル『アクフェス西洋』
全体に老朽化が目立つ感じで鍵が開きにくかったです。水道の水は錆臭く、湯船の栓はありませんでした。
備品等(ダブルルーム):バスタブ付き、冷蔵庫、テレビ、スリッパ、ドライヤー、タオル、石鹸、シャンプー、歯ブラシ


【7月27日】
08:00~ 朝食

09:00頃 朝食後、パスポートを返却してもらう。

11:45頃 チェックアウト(フロントでタクシーを呼んでもらいました。250ルーブルでした)

12:30頃 『プリモーリエ』ホテルチェックイン

市内観光地を徒歩にて散策(駅、中央広場、スベトランスカヤ通り、アドミラーラ・フォーキナ通りなど)
ウラジオストクの街は坂が多く、歩道も石畳がはがれているところも多くて歩きにくかったです。
 

17:00頃 タクシーで駅から劇場へ(300ルーブルでした)※15番のバスでも行けるとのことです。

■マリンスキー劇場 沿海州劇場 演目:バレエ 白鳥の湖
チケットは窓口で購入しました(クレジットカードも利用可能です)。『プリモーリエ』ホテルで劇場のスケジュールチラシはあったのですが、フロントでは予約してもらえませんでした。
 
劇場内部は重厚なオペラ劇場の豪華さはないですが、木の香りがするような北欧建築っぽい温かみのある内装です。ガラス張りの吹き抜けのロビーは眺めが良いです。バレエ自体はスターダンサーがいるわけではないですが、演出、衣装は豪華なので、夜のエンターテイメントとして十分楽しめます。

終演後はタクシーでホテルへ(190ルーブルでした)。電話でタクシーを呼んで、数分後に到着しました。合流場所などは電話でロシア語で確認します。

22:00過ぎ ホテル戻り


【7月28日】
『プリモーリエ』ホテルの朝食はコンチネンタル(5種類から選びます。メニューに写真がありました)ピザ、シリアル、ドリンク類はビュフェで自由に食べられました。

■プリモーリエ スタンダード ツイン
清潔感があるので満足できます。エアコンがないのが気になりますが扇風機で十分しのげる気候でした。
 
備品等:バスタブあり、冷蔵庫、扇風機、テレビ、グラス、コーヒーカップ、スリッパ、シャンプー、石鹸、ティッシュ、(ドライヤー、湯沸かし器なし)1階にカフェ(パン屋)、ピザ屋(朝食会場)、廊下にウォーターサーバーあり

10:00 ホテル1階のカフェでお茶

■ジェムチュージナ スタンダード ツイン
簡素ですが、『プリモーリエ』と変わらない清潔感、明るさです。
 
備品等:シャワーブース(バスタブなし)、冷蔵庫、テレビ、バルコニー、グラス、コーヒーカップ、スリッパ、シャンプー、石鹸、1階フロント前にバー(売店)、廊下にウォーターサーバー

■ヴェルサイユ スタンダード シングル
第一印象が老朽化。部屋、廊下共に薄暗いですが、立地は最高です。ホテルの周りの雰囲気も良いです。
 
備品等:バスタブあり、冷蔵庫、エアコン、テレビ、ドライヤー、湯沸かし器、グラス、コーヒーカップ、スリッパ、シャンプー、石鹸、3階にバー

ポクロフスキー聖堂 → 与謝野晶子碑 → 展望台
  

■ルースキー島水族館
 
駐車場から15分くらい歩いて水族館入口と入場券売り場があります。駐車場から専用バスもありますがなかなか来ないです。チケットは40~50分待ちでした。イルカショーは席がなしの表示でした。

水族館周辺を散策。水族館の周りは公園になっていて、砂浜にも出られます。

水族館内部は魚のよりオブジェの印象が強く残りました。写真撮影は生き物もフラッシュなしならOKです。イルカショーなしなら1時間半くらいでゆっくりまわれます。

16:30頃 ホテルに戻りました。

夕方(20時過ぎ) アドミラーラ・フォーキナ通りと海岸を散歩。
 
天気が良く夕日がとてもきれいでした。アドミラーラ・フォーキナ通りは日が落ちるまで、コンサートがあったり、露店や出ていたり活気がありました。


【7月29日】
(この日はホテルのエレベーターが壊れていました)

10:30  ホテルで送迎の運転手さんと合流。ネームボードを持って待ていてくれました。渋滞もなく45分くらいで空港に到着。

11:30 チェックイン開始。2時間前にならないとカウンターは開きませんでした。

13:30 S7-565 30~40分遅れて搭乗手続き、出発。隣のゲートの天津航空も少し遅れていて、人がいっぱいで座る場所もないくらいでした。

→成田 第2ターミナル着

[PR]

by jictravel | 2017-08-29 12:21 | ロシア〓ウラジオストク | Trackback | Comments(0)

【VVO】ウラジオストク出張 2016年8月2日(火)~4日(木)

<8/2(火)>

・15時40発 S7 566でウラジオストクへ。
機内食はトルティーヤ1つはすごく少ないです。何か持って行った方が良さそうです・・・。
・パスポートコントロールは最後尾でも30分程度の待ち時間で済みました。
・荷物受取レーン横にトイレが1つあり、清潔でした。
・到着口は綺麗で出口も1つしかないのでドライバーとのミスミーティングはないと思います。
(※上の写真は到着口からの出口ではなく、ターミナルの建物の出入口です)

ホテル『アクフェス西洋』

・中国人グループで大混雑していましたが、受付の方が気を利かせてくれスムーズにチェックインできました。
・かなり古めかしい印象ですが、受付の方はとても親切でした。
・ホテルのキーも古い鍵のタイプでよくわからず、空けるのも締めるのもコツがいりました。
・宿泊客は中国人客ばかりなので、中国の集合住宅にいるような印象でした。


<8/3(水)>
・08:30より朝食(朝食は地下一階のレストラン)。
メニューの中から選んだものを作ってもらいました。

・9時頃ガイドと合流し市内観光へ。
 
鷲の巣展望台、S-56博物館

 
郷土史博物館、要塞博物館

ルースキー島
 
広大な大学敷地に海に公園・・・木陰になるようなところが本当になかったです。島内を走るバスの利便性はあまりよくありませんでした(当時は水族館オープン前)。

 
噴水通りは雰囲気も良く、お土産屋さんもたくさんあるので楽しかったです。出店もたくさんあり、スポーツ湾沿いまで歩くのがとても楽しい。

ウラジオストクの街は見所がたくさんあったので観光を十分楽しめそうです。
ただ、街のいたるところ中国人の団体客がいたので、ロシアに来た感が結構薄れる気がしました。

・レストランで夕食。
アストリアホテルにあるレストランОгонёкは内装もオシャレでお値段もリーズナブルで料理もとてもおいしかったのでとても気に入りました。

プリモーリエホテル
・綺麗な受付。受付の人も親切です。
・エコノミールームはとても狭い感じです。古めかしい扇風機があります。部屋は清潔です。
・朝食会場はレセプション横のレストランで、ビュッフェスタイルではなく、決められたメニューの中から選ぶ形式でした。メニューは英語かロシア語(写真なし)。
・カードキー式でした。
・日本人観光客がたくさんです。綺麗なイメージですが、部屋はスタンダードぐらいにした方が狭い感じがないかもしれません。


<8/4(木)>
・10:30 送迎車で空港まで。空港が広くて少しわかりにくく少し迷いました。
S7カウンターは長蛇の列、激混みでチェックインを終えるまでに40分程かかりました。
出国後の免税エリアは本当になにもない2店舗くらいでした(ハバロフスクよりは大きいです)。
・13:30ウラジオストク発 S7 565にて成田へ。

[PR]

by jictravel | 2017-08-25 16:42 | ロシア〓ウラジオストク | Trackback | Comments(0)

【VVO】ウラジオストクとルースキー島の旅 水族館へ

大橋を横断してアジア最大級の海洋水族館へ。

ウラジオストクツアー まるごとロシア

ウラジオストクとルースキー島 4日間

■ツアーコード
日本語ガイドつき専用車 送迎 アジア最大級の海洋水族館へ日本に近い「ニホチカ」ロシア
成田発 KN2-2274
:オーロラ航空 HZ 利用

直行便を利用してロシア東部最大都市ウラジオストクへ。
ルースキー島海洋水族館を日本語ガイドが専用車でご案内します。

ウラジオストク ルースキー島海洋水族館

ツアーのポイントツアーのポイント日程 [ → ]
オーロラ航空 HZ のウラジオストク直行便を利用してロシア東部の最大都市ウラジオストクへ。
かつてロシアのサンフランシスコとも呼ばれ、軍港でもありながら坂が多くヨーロッパ風の街並みが美しい。APEC開催にあわせて建設された2つの斜張橋などロシア屈指の観光都市となっています。
ツアーでは一つの建物内の展示水量(25,000トン)は世界最大級を誇り、沖縄の美ら海水族館、大阪の海遊館の規模も超える【ルースキー島海洋水族館を日本語ガイドが専用車でご案内】します。
スーツケースにつけると目立つし、カワイイ!【JICオリジナルマトリョーシュカネームタグ】をプレゼント。
さらには地図や地下鉄路線図付の【ロシア・ハンディガイド】をプレゼントします。
到着日は【日本語係員】がお出迎えします。
ロシア初日で不安な方々にはコミュニケーションの取れるロシア人にまず会えるので安心。
ホテルのチェックインまでご一緒させていただきます。帰国日は送迎車のみついてます。
「何かの時」には【JIC現地ヘルプデスク】がしっかりサポートします。
催行か不催行なのかをじりじり待たずに【1名様から催行】のフリープランです
(1名様ご参加の場合は追加料金が発生いたします)。
JICオプショナルツアー】でお客様オリジナルな旅にアレンジできます(別途料金追加となります)。
ご旅行代金は【クレジットカード払い】にてお支払いも可能です。

[PR]

by jictravel | 2017-04-28 18:07 | ロシア〓ウラジオストク | Trackback | Comments(0)

【VVO】ウラジオストク ルースキー島海洋水族館は東方経済フォーラム開催日は休館となります。

ウラジオストクのルースキー島海洋水族館の開館時間のご案内です。

火、木、金、土、日曜日 10時~20時
月、水曜日 定休日

2017年9月5日(火)~7日(木)は東方経済フォーラムのためクローズ。




[PR]

by jictravel | 2017-04-24 16:26 | ロシア〓ウラジオストク | Trackback | Comments(0)