カテゴリ:ロシア〓ウラジオストク( 47 )

【VVO】ウラジオストク 3日間 / 4日間 / 5日間 1名様からのフリープラン

ウラジオストク 3日間 / 4日間 / 5日間 1名様からのフリープランのご案内です。

日本からのフライト 2時間半。お隣の国ロシアで遊ぶ3日間、4日間、5日間。
日本に近い「ニホチカ」ロシアへ海外旅行はいかがでしょうか。

まだロシアへ訪れたことのない方!
こんなに近い「ニホチカ」ロシアがありますよ!
[PR]

by jictravel | 2017-03-13 16:03 | ロシア〓ウラジオストク | Trackback | Comments(0)

【VVO】ウラジオストク ホテル


ウラジオストク ホテル料金を更新しました。


===
『ウラジオストク』は 2013年 7月 1日 ~ 1年間クローズの予定です。

『アヴァンタ』と『マリャーク』という新しいホテルのお取り扱いを増やしました。

====
『ジェムチュージナ』など新しいホテルのお取り扱いが増えております。
APEC開催期間はお部屋の確保が難しいかと思いますが、料金等ご覧下さい。

====
2011年9月11日~15日の期間、ビエンナーレ
9月10日~16日の期間、映画祭が行われるためウラジオストクのホテルが混んでます。
[PR]

by jictravel | 2017-01-31 17:28 | ロシア〓ウラジオストク | Trackback | Comments(0)

【VVO】【NRT】ロシア極東地域調査団 第5日目 ウラジオストク~成田

<11月5日(土)>

朝食後、空港へ
 

■ウラジオストク発 13:15 S7 565(JL7098) 空路、成田空港へ
 

■東京(成田空港)着 14:30


■ほか

 
与謝野晶子記念碑 / 市場

 
ウラジオストク駅前 / 市場

 
グム百貨店 / ルースキー島



[PR]

by jictravel | 2017-01-16 19:22 | ロシア〓ウラジオストク | Trackback | Comments(0)

【VVO】ロシア極東地域調査団 第4日目 ウラジオストク市内視察

<11月4日(金)>

ホテルにて朝食
 

黄金橋とルースキー橋を越えてルースキー島視察

 

市内レストラン『ポルトカフェ』にて昼食

サファリパーク視察(一部のみ)

 

カジノ経済特区(ティグレ・デ・クリスタル)視察


市内レストランにて夕食

(ウラジオストク泊)


■ほか

 
ケーブルカー / 室内ミニゴルフ『ゴルフイースト』

ウラジオストク要塞博物館



[PR]

by jictravel | 2017-01-16 19:01 | ロシア〓ウラジオストク | Trackback | Comments(0)

【VVO】ロシア極東地域調査団 第3日目 ウラジオストク市内視察

<11月3日(木)>

■ウラジオストク着 朝(7時頃) 専用車
日本語ガイドと合流、市内レストランにて朝食

ホテル視察:アジムト・ウラジオストク
 

ホテル視察:プリモーリエ、ヒュンダイ
 

市内レストラン『ポルト・フランコ』にて昼食
 
市内視察:中央広場と土産店 ~ 

鷲の巣展望台 ~ 郷土博物館 ~ 
 

S-56潜水艦博物館 ~ ニコライ凱旋門 ~

グム百貨店など 市場 ~ スーパーマーケット視察
  


■20:00 ウラジオストク日本総領事公邸にてレセプション

(ウラジオストク泊)



[PR]

by jictravel | 2017-01-16 17:05 | ロシア〓ウラジオストク | Trackback | Comments(0)

【VVO】【SU】【YKS】サハ ダイヤモンドウィーク ウラジオストク~ヤクーツク ヤクーツク空港

19時頃にウラジオストクに到着しました。

パスポートコントロールにて、ロシア入国カードは印刷したものが渡されましたが署名するよう言われ、入国カードに署名した後、提出しました。ロシア「出」国カードの方はロシア出国するまで大切に持っておきましょう。

ウラジオストクにて経済フォーラムが9/3~9/5まで開催されるため、英語案内で特別なパスポートコントロールのブースが設置されており、ターンテーブル後、出口を出ると、ウェルカム雰囲気で経済フォーラムの登録手続きのカウンターが開かれています。


次のフライトは、

9月1日(木)22:05発 SU5646便 ウラジオストク~ヤクーツク

です。日本出発の前にアエロフロートのウェブサイトでオンラインチェックインをしておきました。預け荷物も無いのでそのまますぐに搭乗エリアへ向かいプリントアウトした搭乗券を見せて出発ゲート前に行きました。

勤務中ですのでボケボケしているわけにもいかず、すぐにカフェに入って机を確保し、1か月前のロシア出張のJICインフォメーション用の記事を書き始めました。


なんとかひとつ記事を書き上げ、そろそろ搭乗時刻。ゲートへ向かいます。
ヤクーツク行きのゲートに並ぶ人々の顔立ちは日本人のそれなのですが、口からはロシア語が出てくるのです。不思議な感覚。

フライトはアエロフロートとオーロラ航空との共同運航便。国内線で3時間くらいのフライトですが、機内食がしっかり出ます。チキンか魚の選択肢もあるのです。おいしい。

23:58 ヤクーツク到着。

サハ共和国の首都ヤクーツクの空港に着きました。ロシア便なのに着地した時に拍手が無いのはさみしいではありませんか!まぁ、夜遅いのでみなさん疲れていたのだと思います。

 


<ヤクーツク空港>

英語の空港案内表記もあるきれいな空港です。フライト情報については表示がロシア語のみでした。
両替所、ATMはなく、キオスクがあるくらいです。セキュリティ後の出発ゲート前エリアには広い待合室エリア、カフェ、おみやげ屋さんなどがあります。


「サハっぽい」のは空港前に「セルゲ」という馬をつなぐ柱がぼーんと立っていること、花壇の形がダイヤモンドになっていることです。空港のこういった「色」というのはどこも面白いですね。セルゲについてですが、これはサハの旅中、しょっちゅう見かけることになります。


空港から市内までは車で15分ほど。
ヤクーツクではホテル『ソナタ』に一週間お世話になります。

[PR]

by jictravel | 2016-05-27 10:48 | ロシア〓ウラジオストク | Trackback | Comments(0)

【VVO】ウラジオストク空港 いろいろ

ウラジオストク空港での国内線搭乗までのご案内をしましたが、少し早めに空港に着いた方々など、時間にゆとりのある方々のために、空港ターミナル内の施設をご紹介いたします。


まだ新しいターミナルですので、外観もきれいです。出るとすぐ右側にエクスプレスの駅が見えます。


写真左上は、昔、新潟や富山からウラジオストクに直行便を飛ばしていたウラジオストク航空、航空会社2レターコード「XF」です!(2レターコードがカッコいいのでリキんでみました)

ウラジオストク鉄道駅行きのバス停もありますが、通常S7のフライトで成田から到着した場合、ぎりぎり最終便に間に合わないでしょう。


空港ターミナルの建物に入る場合には必ずセキュリティチェックを受けます。銃など持たないようにしてください。空港内にはエクスプレス駅への案内もあります(写真左上)。

飛行機を降りてターンテーブルを通り、空港ターミナルに出てくる出口が国際線(写真右上)、国内線、それぞれあります。誰か友だちを迎える場合はこの出口付近で待ちましょう。JICで送迎を手配させていただいた場合には、この出口付近でネームボードを持ってドライバー(手配内容に依っては日本語ガイド)がお客様をお待ちしております。


 

お腹が空いて時間に余裕のある方は、地階にあるセルフサービス式の食堂でくつろいでいただいてもよいでしょう。サリャンカ(スープ)、サラダ、ジャガイモ、メンチカツで390ルーブルでした。地階への案内がわかりづらいです。


1階(地上階。チェックインカウンター階)に戻りまして、タクシースタンド(写真左上)、スーツケースぐるぐるラッピングサービス(写真右上)、


海産物店(写真左上)、キオスク(写真右上)、カフェ、ピザスタンド、アジアンファストフード、チョコレートショップなどもございます。


出発ゲートのある3階にも椅子はいくらかございます(写真左上)。郵便局(写真右上)、


ATM、銀行(写真左上)、おみやげ屋さん、カフェなどもあります。

さて、これでこの視察のウラジオストク部分は終了です。実際観た時間は半日程度です。帰国はウラジオストクを通らないルートです。既にしつこくお話ししていた「日本の自動販売機」についてですが、最後に予告通り、もう少しだけ書かせて下さい。

ウラジオストクの空港にはいくつか日本の自動販売機が設置されており、中の商品が日本製のせいか、ロシアのそれより少し料金が高めに設定されています。それでも見ていると、ロシア人は結構頻繁に利用しているようです。ほんの短期間の観察結果報告をすると、どうやら「炭酸系」が彼らの好みのようです。コーヒー系は全く売れていないようでした。

さて、写真右上は出発ゲート前に設置されているダイドーの自動販売機。他にロシアの自動販売機もありますが、値段が少し高くても、まあまあ売れている。そばで観察していると、ロシア人男性(推定38歳)が炭酸系飲料を買おうと100ルーブル投入しました。目的の商品は95ルーブル。しかし、自動販売機の該当商品ボタンは光らないのです。他の商品ボタンは光っているものもあるのに。

普段日本で自動販売機に慣れている私たちにはすぐにピンときます。「釣銭切れ」らしき部分にロシア文字のランプが点灯している。なるほど。これは釣銭5ルーブルが切れているんだな、と。

私は彼に「5ルーブルあるか?」と聞いて、「ある」と言うので「じゃ、さらに5ルーブル入れろ」と言いました。彼は意味がわからず「もう100ルーブル入れてるんだよ」と。その通りです。95ルーブルには足りているのです。「機械に5ルーブルが無い。」と説明したのですが、彼は納得がいかないまま、5ルーブル追加投入。目的の商品のボタンが光りました。ボタン押す。おつり10ルーブル。彼は「スパシーバ」と言ってジュースを取り出しました。

さぁ、次はイルクーツクです!


[ ― ] 目次

[PR]

by jictravel | 2015-09-16 10:49 | ロシア〓ウラジオストク | Trackback | Comments(0)

【VVO】ウラジオストク空港 国内線出発の場合

空港エクスプレスに乗ってウラジオストク市内から空港に到着した場合、セキュリティチェックを受けた後、写真左下のような感じで空港ターミナルの建物に入ります。掲示板で自分のフライトを確認し、チェックインカウンターが何番であるのかを知りましょう。お手元の航空券Eチケット控えをインフォメーションに見せて「チェックインカウンターはどこか?」と確認してもよいでしょう。


私の場合は「22:15 U6-316 エカテリンブルグ」のフライトに乗ります。チェックインはちょうど出発2時間前、20:15から始まる予定です(アエロフロート便をご利用の方はセルフチェックイン機が置いてありますので、預け荷物の無い方はご自身で手続きいただいて搭乗券を取得してもよいでしょう)。

 

チェックインカウンター(写真左上)で手続きを完了したら搭乗券(ボーディングパス)をもらえます。ここは地上階1階ですので、エスカレーター(写真右上)かエレベーターに乗って3階へ行きましょう(2階を飛ばす直通)。

エスカレーターを降りると目の前正面が国内線ゲートへのセキュリティチェック入口です。その左に日本のチョコレートのお店『ロイズ』、さらに左が国際線ゲートへの出入国管理への入口です(写真左下)。今回は国内線に搭乗しますので、正面へ進み、パスポート、搭乗券を係員に確認してもらいます。搭乗券に確認のスタンプを捺されるでしょう。


その後、セキュリティチェックがあります。このセキュリティチェックは搭乗前最後のチェックですので、液体物などの確認があります。ノートパソコンを持っている方はバッグから出しましょう。

国内線出発ゲートと待合ロビーになっています(写真右上)。椅子がいっぱいになるほど乗客が待っている状況はまだ経験したことがありません。カフェ、バー(写真左下)、おみやげ屋さん(写真右下)などがあります。


ビジネスラウンジ(写真左下)もあるので、該当する乗客の方々はこちらでおくつろぎいただくことも可能です。搭乗開始時刻(出発25分前)となり、ウラル航空でイルクーツクを目指します(写真右下)。搭乗時のパスポートチェックはありませんでした。


思えば、搭乗したウラル航空のこのフライトは、「ペトロパヴロフスク・カムチャツキー~ウラジオストク~イルクーツク~エカテリンブルグ」と、4都市をつなぐ長距離フライトで、ウラジオストク出発が遅れずに定時でよかったと思いました。


[ ― ] 目次

[PR]

by jictravel | 2015-09-15 17:28 | ロシア〓ウラジオストク | Trackback | Comments(0)

【VVO】ウラジオストク エクスプレスで空港へ。

ウラジオストクの港、フェリーターミナルと鉄道駅はすぐ隣にあり、歩いて行ける距離です。

現在、フェリーターミナルに到着するのは、日本の鳥取県、境港から、韓国の東海(トンヘ)を経由してウラジオストクに到着するDBSフェリーがあります。

鉄道駅はウラジオストク~モスクワ 9,000km以上をつなぐ世界一の鉄道の起点となる駅で、ホームにはその碑があります。


さて、一般的に「ウラジオストク駅」と言えば、シベリア鉄道の鉄道駅を指し、左上の写真の場所です。この駅舎の奥、海側にフェリーターミナルがあります。そして、右上の写真が空港エクスプレスの駅となります。距離にして100mも離れていませんが、お間違えないようにご注意ください。


ここからは空港エクスプレスの話です。

駅に入るとすぐに危険物を持ち込んでいないかのセキュリティチェックがあります。機内に液体物を持ち込むルールのような厳しさではありません。


窓口(あるいは券売機)で切符を買い、シートの良い車両に乗ってください。ウラジオストク駅から空港までエクスプレスの切符を買った場合は、一等クラスの指定席になります。片道350ルーブル。


コートを掛けるハンガー、その下にスーツケース置き場、飲料水の設備もあります。出発後、約1時間で空港が見えてきます。


到着後は案内に従って空港ターミナルまで歩いていきましょう。直結していて50mほどで空港ターミナルに入ります。そこで今度は空港のセキュリティチェックがあります。ここも武器などの危険物のみのチェックとなります。

買った切符は空港駅を出るまで必ずお持ち下さい!

切符購入後、ホームに行くまでにチケットチェックのゲートがあります(機能していてない場合もあり)。
列車内で係員が検札に来ます。
駅到着後、列車を降り、ホームから出る際にチケットチェックのゲートがあります。

以下、時刻表ですが、最新版についてはwebサイトでご確認下さい。

<ウラジオストク駅発~空港着>
06:50-07:40 / 09:45-10:35 / 10:50-11:40 / 16:00-16:57 / 18:00-18:57

<空港発~ウラジオストク駅着>
08:00-08:50 / 09:00-09:55 / 11:25-12:20 / 11:55-12:50 / 17:45-18:40


[ ― ] 目次

[PR]

by jictravel | 2015-09-15 16:50 | ロシア〓ウラジオストク | Trackback | Comments(0)

【VVO】ウラジオストク 時間ぎりぎりまで歩く。

ウラジオストクまでのフライト、成田からは2時間半ほどなのですが、町を歩くと普段あまり目にしないような建物がいくつもあり、「異国を歩いているな」と感じるのです。歩くのが好きなのです。


ロシアの文字を読めるようにしていくと、一文字一文字苦労して読んでみて、「こ、た、き、な、ば、る。コタキナバル!」などと楽しめます。意味がわからなくてもとりあえず読んでみる。「スタディオン ディナモ」。


油断していると「サッポロラーメン」などの日本語が登場したりします。異国でみつける日本語や日本料理屋さんもまた楽しめます。


ぎりぎりまで歩きまわって、


バス(運賃19ルーブル)に乗ったりして、駅前まで戻ってきました。

ちなみにバスは、バス停でバスを待ち、その間に周りの人に「鉄道駅。鉄道駅」のように単語を連呼すると「60番」と番号を教えてくれる人がいるので、親切にありがたく感謝し、そのバスが近づいてくると、「ほらあのバスだよ」と周囲の何人かが教えてくれるので「ありがとう」と言い、バスの扉が開いたら運転手さんに「鉄道駅?」と再確認し、お金を払って乗り込みます。


鉄道駅前で降りて、「あぁ、やってしまった」と思いました。レーニン像を見て「やってしまった」と思ったのです。毎回ウラジオストクに着いた時に、彼、レーニンにまず会って「おじゃまします」と挨拶していたはずなのに、今回の動き方だと、たまたま彼に会わないルートだったのです。やっと彼に会い、いや、そもそも彼が居たことすら忘れていたのですが、「すみません。ご挨拶遅れました。ウラジオストク、おじゃましました」と頭をぺこりと下げ、空港行きエクスプレスが出る駅へ向かいました。

それにしても。10年前に初めてロシア、初めてウラジオストクに来た時から、彼、レーニンは指をさし、今も指し続けているのです。町は変わりましたが彼は変わらず。そばに「スーパーマーケット」と看板ができても。




[ ― ] 目次

[PR]

by jictravel | 2015-09-15 12:05 | ロシア〓ウラジオストク | Trackback | Comments(0)