カテゴリ:ウズベキスタン( 23 )

【UZ】【TAS】【SKD】【BHK】【UGC】1名様から催行のウズベキスタンのフリープラン

タシケントとサマルカンド ツアー 5日間のご案内です。

日本各地、成田、関空、名古屋発
ソウル乗り継ぎで中央アジアのウズベキスタンへ。
首都タシケントと青い都サマルカンドの5日間の旅。
タシケント~サマルカンドの移動では特急列車にも乗車します。

5日間でサマルカンドをメインにご旅行していただけるプランをご用意しました!
たっぷり

8日間

のツアーもございます。

[PR]

by jictravel | 2017-07-28 17:13 | ウズベキスタン | Trackback | Comments(0)

【UZ】ウズベキスタン大使館 休み

ウズベキスタン大使館は以下の日、休館となります。

2017年
3/8(水)、3/21(火)

2016年
1/1(金)~1/3(日)
3/7(月)~3/10(木)
5/9(月)
11/9(水)
12/8(木)
※12/16(金)が年内申請の最終日となります。(12/30まで開館はしております)

2015年
1/1(木)~1/4(日)
12/8(火)

2014年
5/9(金)
9/1(月), 29(月),30(火)
10/1(水)
12/8(月)、23(火)

===
ウズベキスタン大使館は 2013年 5/9(木)、9/2(月) 、9/27(金)休館となります。

===
ウズベキスタン大使館は 2012年 12月 29日(土) ~ 2013年 1月 2日(水) の期間、査証関連業務を行っておりません。

===
ウズベキスタン大使館が移転します。

新住所 〒108-0074 東京都港区高輪2-1-52
電話 03-6277-2166 ※領事部直通 03-6277-3442
FAX 03-6277-2580

※11/21(水)~、移転先で業務開始

※11/19(月)、11/20(火)は休館

※今週申請分から、ビザ受取は移転先になります。

ご注意ください。
JICでは、ウズベキスタンビザ取得代行業務も行っております。

[PR]

by jictravel | 2017-03-01 09:08 | ウズベキスタン | Trackback | Comments(0)

【UZ】ウズベキスタン ビザ 発給手数料変更

ウズベキスタンビザ発給の手数料変更

2,500円(日本国籍の方)
※16歳未満は無料

===
ウズベキスタンビザ申請の手数料は「事前」振り込みになりました。

===
ウズベキスタンの査証料金です。

16歳未満の査証料金(国籍・査証種別問わず):無料
団体申請(10名以上)の査証料金:ネームリスト1枚につき¥3,000

===
オンラインで作成したウズベキスタンビザ申請書については、記入、訂正は不可です。
再度オンライン入力操作を行って作り直して下さい。

===
ウズベキスタン観光ビザで個人宅に宿泊はできません。

親族・知人訪問ビザを取得してください。代理申請も可能です。

===
ウズベキスタンビザの料金が変更となります。

2013年12月11日(水)受領分から 2,500円

===
ウズベキスタンビザについて、2013年 3月 1日申請分より、
ビザ発行に伴う料金の支払いは全て銀行振り込みとなります。

<振込先>
三菱東京UFJ銀行 目黒駅前支店
普通預金 : 1196059
受取人名 : EMBASSY OF THE REPUBLIC OF UZBEKISTAN

※振込名義人はローマ字で記入する。
※振込後、利用明細書または振込用紙の控えをビザ受領時に持参する。

詳細はウズベキスタン大使館領事部へお問い合わせください。
[PR]

by jictravel | 2016-10-26 16:16 | ウズベキスタン | Trackback | Comments(0)

【UZ】ウズベキスタンについての海外安全情報(危険情報)の発出

外務省 海外安全ホームページより。

【危険度】
●フェルガナ,ナマンガン及びアンディジャン各州のタジキスタン及びキルギスとの国境付近の山岳地帯(キルギス領内の飛び地ソフ及びシャヒーマルダンを含む)
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●アフガニスタンとの国境周辺
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●上記を除く地域(首都タシケント市を含む)
 レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●フェルガナ,ナマンガン及びアンディジャン各州のタジキスタン及びキルギスとの国境付近の山岳地帯(キルギス領内の飛び地ソフ及びシャヒーマルダンを含む)では,麻薬・武器等密輸業者集団の進入を防ぐために設置した地雷が埋没している可能性がありますので,渡航は止めてください。
●隣国アフガニスタンでは,テロ,外国人を狙った拉致事件が多発しており,特にアフガニスタンとの国境周辺においては,その影響で不測の事態が発生する可能性がありますので,不要不急の渡航は止めてください。
●その他地域については,経済的困窮等を背景とする窃盗犯罪が増加していますので,十分注意が必要です。
●9月2日,カリモフ大統領が死去したことにより,反政府勢力による各種デモやイスラム過激派組織によるテロの可能性がありますので,十分注意が必要です。
===
外務省 海外安全ホームページより。

2016年09月07日
ウズベキスタン:カリモフ大統領死去後の政情不安定化の可能性に関する注意喚起

【ポイント】大統領死去に伴う政情不安定化の可能性に注意

2 現在のところウズベキスタン国内の治安が悪化しているとの情報はありませんが,今後の政情によっては反政府勢力による各種デモや,大統領の死去をきっかけに,隣国アフガニスタン北部において近年活動を活性化させているタリバンやIMU(ウズベキスタン・イスラーム運動)等のイスラム過激派組織がウズベキスタン国境付近に対する攻撃を仕掛けたり,ISIL(イラク・レバントのイスラム国)等の過激思想に影響を受けた者がウズベキスタン国内において何らかのテロを起こす可能性も排除できませんので,十分に注意を払う必要があります。

===
外務省 海外安全ホームページより。

===
●フェルガナ、ナマンガン及びアンディジャン各州のタジキスタン及びキルギスとの国境付近の山岳地帯(キルギス領内の飛び地ソフ及びシャヒーマルダンを含む)
:「渡航の延期をお勧めします。」(継続)
●アフガニスタンとの国境周辺
:「渡航の是非を検討してください。」(継続)
●上記を除く地域(首都タシケント市を含む)
:「十分注意してください。」(継続)

1.概況
(1)タジキスタン及びキルギスとの国境付近では、テロ組織や反政府組織に加え、麻薬密輸組織の関係者が横行しているといわれています。その対策としてウズベキスタン政府が多数の地雷を埋設した経緯があり、今もその一部が残されている可能性があります。

(2)ウズベキスタンは、国境警備を強化するなどキルギス南部での民族衝突による避難民の流入といった不測の事態に備えていますが、民族衝突が再発する可能性も否定できません。

(3)アンディジャン州などのフェルガナ盆地は、伝統的に宗教活動が活発な地域であるほか、キルギスとタジキスタンとの国境となっている険しい山岳地帯に囲まれ、国境警備が困難であることから、IMU(ウズベキスタン・イスラム運動)などの武装勢力が山岳地帯からウズベキスタン領内に侵入を試みる可能性も否定できず、今後も国境検問所や警察への襲撃や治安機関との銃撃戦などの類似事件の発生に注意する必要があります。

(4)ウズベキスタン国内全般を見ると、漸進的市場経済化を目指す政府による各種経済対策の取組が行われつつある一方で、雇用不足や生活物資・公共料金の値上げなどにより経済的な不満が高まりつつあります。こうしたことを背景として、犯罪の増加や騒擾事件などの発生も懸念されます。

2.地域情勢
(1)フェルガナ、ナマンガン及びアンディジャン各州のタジキスタン及びキルギスとの国境付近の山岳地帯(キルギス領内の飛び地ソフ及びシャヒーマルダンを含む):「渡航の延期をお勧めします。」
 飛び地を含む山岳地帯では、イスラム過激派の活動が報告されています。また、ウズベキスタン政府はかつてこの地帯に、反政府勢力及び麻薬・武器商人等の国外からの侵入を防ぐため、多数の地雷を埋設しました。ウズベキスタン政府は地雷撤去を行っていますが、すべての地雷撤去作業は終了していません。また、国境線が入り組んだ山岳地帯であるこの一帯は、イスラム過激派が侵入を試みる格好のルートとも言われています。ウズベキスタン政府も徹底した取締りや国境管理対策を行っていますが、2009年にはキルギスとの国境近くのアンディジャン市郊外で国境検問所・警察施設の襲撃事件が発生し、2010年にはタジキスタンとの国境において国境警備隊と密輸業者集団との衝突が発生しました。
 この他にも2010年、2013年にキルギス領内の飛び地ソフにおいて、ウズベキスタン住民とキルギス住民との衝突が発生しました。
 ついては、この地域への渡航はいかなる目的であれ延期するようお勧めします。

(2)アフガニスタンとの国境周辺:「渡航の是非を検討してください。」
 近年、アフガニスタン国内ではタリバーンなどイスラム過激派系の武装勢力によるテロ活動や外国人をねらった拉致事件が多発しており、依然として予断を許さない状況にあります。アフガニスタンと国境を接する周辺国においても、アフガニスタン国内情勢の変化に伴い、不測の事態が発生する可能性があります。また、アフガニスタンからの不法越境者に対して、ウズベキスタン当局が発砲する事件も発生しています。
 ついては、アフガニスタンとの国境周辺への渡航については、その是非を含め慎重に検討してください。上記の情勢にもかかわらず、やむを得ない理由で渡航する場合には、言葉(ロシア語、ウズベク語)の通じるガイドを雇う、現地の最新情勢を常に把握する、警護をつける、日本国大使館と連絡を取り合うなど、必要な対策を講じ、不測の事態に巻き込まれないよう細心の注意を払ってください。

(3)上記(1)~(2)を除く地域(首都タシケント市を含む):「十分注意してください。」
(ア)これまでにウズベキスタン国内で発生したテロ関連事件は、1999年のタシケント市中心部政府庁舎内及び付近での爆弾テロ、2004年のタシケント市チョルスー・バザールでの爆弾テロ事件、ブハラ市でのイスラム過激派の爆弾製造工場とみられる施設の爆発事件、タシケント市内での米国大使館、イスラエル大使館及び最高検察庁を標的とした連続自爆テロ事件、2005年のアンディジャン市での騒擾事件が挙げられます。その後、イスラム過激派勢力などによるテロを防止するため、徹底したテロ対策や取締りが行われてきましたが、2009年にタシケント市内で武装グループと治安当局との間で銃撃戦が発生するなど、依然治安情勢には十分な注意が必要です。
 なお、近年は、世界的に、より効果・影響の大きな都市部のホテルや市場など不特定多数の人々が集まるところ、いわゆるソフト・ターゲットをねらったテロ事件が発生しています。ウズベキスタンはアフガニスタンなど過激派の活動が活発な地域に隣接していることから、情勢の変化には十分な注意が必要です。
(イ)一般犯罪では、経済的困窮、貧富の差の拡大を背景として、金品をねらう強盗、暴行、殺人といった凶悪事件が増加する傾向が見られます。過去には、邦人旅行者がタシケント市内のホテルで強盗殺人被害に遭うという凶悪犯罪も発生しています。この他、ホテル内での窃盗、バス車内でのスリ被害、街中でのひったくり被害及び空き巣被害などが発生しています。

3.滞在に当たっての注意
 滞在中は、下記の事項に十分留意して行動し、危険を避けるようにしてください。詳細は「安全対策基礎データ」及び「テロ・誘拐情勢」を御覧ください。また、外務省、在ウズベキスタン日本国大使館、現地関係機関等より最新の情報を入手するよう努めてください。

(1)一般的注意事項
(ア)犯罪被害
 日本人の被害状況としては、夜間、ひと気の無い場所での強盗被害、空巣被害、ホテル自室内での盗難被害、バス車内や街中でのスリ、置き引き、及びひったくり被害などの報告があります。
 また、日本人以外の外国人の被害例としては、タシケント市中心部での住居侵入強盗事件も発生しています。
 ウズベキスタンは、首都タシケントの中心部でも、街路灯が少ないために薄暗い場所が多く、また外国人は犯罪のターゲットになりやすいことから、特に深夜の一人歩きは絶対に避けてください。
(イ)トラブルに巻き込まれないために
 滞在中は、最新の治安関連情報の入手に努め、デモや抗議行動が行われている現場、テロ攻撃の対象と成り得る政府関連施設や米国大使館など外国権益施設等には近づかないようにするとともに、常に周囲の状況には気を付けるようにしてください。
 また、政治的集会は基本的に認められていませんが、生活困窮等を理由とする集会や抗議行動が行われる可能性もあり、こうした集会等に万一遭遇した場合には、混乱や巻き添えを避けるため、ただちにその場から立ち去るようにしてください。

(2)観光旅行者の方へ
(ア)ホテルを紹介する等と誘われ、ひと気の無い場所へ連れて行かれて金品を強奪されるといった被害が発生しています。見知らぬ人の誘いには乗らず、夜間の単独外出は避けて下さい。
(イ)バザールやバスの車内など混雑した場所や不特定多数の人が集まる場所では、ひったくりやスリの被害が多く見られますので、これらの犯罪に巻き込まれないよう十分注意してください。
(ウ)レストランやバザール、小規模の商店などでは値段の表示がなく、外国人に対し法外な値段を請求することがあります。あらかじめ値段を確認するなどしてください。
(エ)両替について
 現地通貨は「スム」で、両替できる場所は銀行、ホテル、両替所などです。米ドル、ユーロ、円からの両替が可能ですが、米ドルからの両替が一般的です。
 またウズベキスタンでは、偽・変造紙幣対策として、汚れた紙幣、落書きのある紙幣は両替を拒否されることがあります。あらかじめ新札を用意するようお勧めします。なお、一旦スムに両替をした後に、余ったスムを再両替することは極めて困難ですので、一度に多額の両替をせずに、必要に応じてその都度両替することをお勧めします。
 バザールや両替所の周辺では、より高額なレートを提示するいわゆるヤミ両替を持ちかけられることがあります。ヤミ両替は、違法行為ですのでご注意ください。

(3)長期滞在者及び長期滞在を予定されている方へ
(ア)在留届の提出
 現地に3か月以上滞在される方は、緊急時の連絡などに必要なので、到着後遅滞なく在ウズベキスタン日本国大使館に「在留届」を提出してください。また、住所その他の届出事項に変更が生じたとき又はウズベキスタンを去る(一時的な旅行を除く)ときは、必ずその旨を届け出てください。なお、在留届は、在留届電子届出システム(ORRネット、 http://www.ezairyu.mofa.go.jp )による登録をお勧めします。また、郵送、ファックスのほか、領事メール(ryouji@ts.mofa.go.jp)宛のメール送信によっても行うことができるので、在ウズベキスタン日本国大使館まで送付してください。
(イ)外出する際は、所属先や知人等にあらかじめ行き先などを連絡し、携帯電話を携行するなど、常に連絡できる態勢を維持し、非常事態に備えてください。


(問い合わせ窓口)
 ○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902

(外務省関連課室連絡先)
 ○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く。)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
 ○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3679
 ○外務省 海外安全ホームページ
  http://www.anzen.mofa.go.jp/
  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地大使館連絡先)
○在ウズベキスタン日本国大使館
 住所:1-28、Sadyk Azimov St.Tashkent, 100047, Republic of Uzbekistan
  電話:(998-71)120-8060~63
    国外からは(国番号998)071-120-8060~63
  ファックス:(998-71)120-8075又は8077
    国外からは(国番号998)071-120-8075又は8077
  ホームページ: http://www.uz.emb-japan.go.jp/

[PR]

by jictravel | 2016-09-27 10:34 | ウズベキスタン | Trackback | Comments(0)

【UZ】ウズベキスタン 独立記念日前後のビザ申請・発給について

 1.2016年8月24日~9月3日の期間と重なる内容のビザ申請は不可
(※ 8月23日までに出国のビザ、9月4日以降入国のビザであれば申請可)

 2.2016年8月29日~9月2日は大使館でのビザ発給業務を休止。
(申請業務は通常どおり行います)

となります。

[PR]

by jictravel | 2016-08-09 11:21 | ウズベキスタン | Trackback | Comments(0)

【SKD】サマルカンド レギスタン広場 10:30-15:30 に入場してください。


サマルカンドのレギスタン広場は、2015年8月末ころまでイベントのリハーサルのため入場時間が制限されています。10:30~15:30の間にしか入れませんのでご注意ください。

[PR]

by jictravel | 2015-06-04 10:04 | ウズベキスタン | Trackback | Comments(0)

【UZ】ウズベキスタン シャフリサーブズ 2016年末まで改修工事



ウズベキスタンのシャフリサーブズ
の改修工事は2016年末まで行われる予定です。
この期間、観光地がクローズされることもありますのでご注意ください。



[PR]

by jictravel | 2014-12-16 18:20 | ウズベキスタン | Trackback | Comments(0)

【UZ】【TAS】ウズベキスタン タシケント空港ターミナル2



写真コメントにも書きましたがウズベキスタン航空でタシケント空港国際線乗り継ぎの際、次フライトの搭乗券の予約確認番号を一人一人パソコン入力して確認してからセキュリティの行列に行きます。2回の行列はヤです。
[PR]

by jictravel | 2014-07-29 18:13 | ウズベキスタン | Trackback | Comments(0)

【UZ】外国籍の方のウズベキスタン査証取得

ウズベキスタン査証の取得方法、料金等は国籍で少し異なっております。

外国籍の方々については以下となります。
なお、最新の情報はウズベキスタン大使館に直接お問い合わせください。

■イギリス国籍(2014) 観光
必要書類 日本国籍と同じ
所要日数 2週間
料金 滞在日数と入国回数による
例:8日間シングルの場合 8,750円
[PR]

by jictravel | 2014-06-04 10:23 | ウズベキスタン | Trackback | Comments(0)

【UZ】【TAS】【SKD】【UGC】タシケント、サマルカンド~ウルゲンチ 寝台列車

ウルゲンチまでの夜行列車ご案内です。

#56 タシケント~ウルゲンチ 19:30-13:05+1 火水金日
#   ウルゲンチ~タシケント 15:20-10:25+1 木土月
#51 サマルカンド~ウルゲンチ 21:47-10:05+1 月水

===

ブハラ~ウルゲンチの寝台特急です。

今月より運行再開予定です。

#71 ブハラ~ウルゲンチ 20:07-08:30+1 毎週金曜日
#72 ウルゲンチ~ブハラ 19:00-07:15+1 毎週土曜日(こちらの便は運行不安定のようです)

===
が、お客さんが少ないために2011年末で運休になるそうです。

<時刻表>
71 ブハラ~ウルゲンチ 20:55発~08:25着(翌日) 毎週水曜日
72 ウルゲンチ~ブハラ 21:30発~10:10着(翌日) 毎週木曜日

VIP 寝台2名様個室、シャワー、ドレッサー
1等 寝台2名様個室
2等 寝台4名様個室

料金はお問い合わせください。

ウズベキスタンのツアー
ウズベキスタンのオプショナルツアー
ウズベキスタンへの航空券

中央アジア・ロシアのご旅行、留学 JICホームページシャルク号

2011年 10月 8日(土)から、ウズベキスタンのタシケント~サマルカンド間を、
高速列車『アフロシャブ』が運行開始します。そして、
2012年 5月 18日(金)から、2号も運行開始。

■アフロシャブ 1号(Train #161) 毎日
タシケント発 08:00 ~ サマルカンド着 10:30
サマルカンド発 17:00 ~ タシケント着 19:30

■アフロシャブ 2号 金土日
タシケント発 07:00 ~ サマルカンド着 09:30

サマルカンドを旅程に組み込む場合の交通手段として、ご検討下さい。
以前から運行しております『シャルク号』のスケジュールはこちらです。

■シャルク号(Train #9) 毎日
ブハラ発 08:05 ~ サマルカンド着 10:50
サマルカンド発 11:10 ~ タシケント着 14:40

その他、ブハラのホテル『KAMELOT』、タシケントの劇場チケットのお取り扱いもございます。

ウズベキスタンのツアー
ウズベキスタンのオプショナルツアー
ウズベキスタンへの航空券

中央アジア・ロシアのご旅行、留学 JICホームページ
[PR]

by jictravel | 2014-05-22 11:14 | ウズベキスタン | Trackback | Comments(0)