カテゴリ:●● オトク情報・オススメ( 87 )

沼田元氣さんと行く ロシアのかわいい発見の旅 2017・秋篇

沼田元氣さんと行く ロシアのかわいい発見の旅 2017・秋篇

沼田元気さんと行くロシアのかわいい発見の旅 まるごとロシア


ロシアとマリ・エル共和国の

マトリョーシカ工房見学ツアー 6日間

■ツアーコード
日本語係員同行送迎つき 沼田元気さんと行くロシアのかわいい発見の旅
成田発
KN20-1306 : 6日間 アエロフロート・ロシア航空 SU

ヴォルガ流域のマリ・エル共和国ヨシカル・オラとカザンまでマトリョーシカ探訪の旅!
さらに映画『神聖なる一族 24 人の娘たち』の世界を堪能!さらに麦わらマトの産地ノリンスクへ!

沼田元氣さんと行く ロシアのかわいい発見の旅

ツアーのポイントツアーのポイント
写真家詩人作家でマトリョーシカ研究家の【沼田元氣】さんが同行します!
マトリョーシカの荷物タグ】や沼田さんの特製スーベニイルもプレゼント!
一般の人の立ち入ることが出来ない【マトリョーシカ工房見学と作品の特別即売会】。
【牧地マリのショルニジャ村】を訪問。マリの人々の素朴でおおらかな生活や文化に触れます。
マリの【民芸細工のマスタークラス】も予定!
さらにディープな奥地、ロシアでも希少な【麦わらのマトリョーシカ】の産地「ノリンスク」を訪問。
「何かの時」には【JICモスクワオフィス】がしっかりサポートします。
ご旅行代金は【クレジットカード払い】にてお支払いも可能です。

[PR]

by jictravel | 2017-08-22 13:59 | ●● オトク情報・オススメ | Trackback | Comments(0)

沼田元氣さんと行く ロシアとエストニアの「かわいい」発見の旅 マトリョーシカツアー(3)

<2016年8月29日>
朝 ホテルチェックアウト
08:00 モスクワ発
 バスでマトリョーシカ発祥の地セルギエフ・ポサードへ

 セルギエフ・ポサード到着後、マトリョーシカ工房へ。

 トロイツェ・セルギエフ大修道院を見学。

 修道院付近の露店。

14:30 セルギエフ・ポサード発
19:00 モスクワ発 SU260 アエロフロートで帰国の途へ


<2016年8月30日>
10:35 成田着。お疲れさまでした。



[PR]

by jictravel | 2017-08-01 18:11 | ●● オトク情報・オススメ | Trackback | Comments(0)

沼田元氣さんと行く ロシアとエストニアの「かわいい」発見の旅 マトリョーシカツアー(2)

<2016年8月26日>
朝食後、ホテルをチェックアウト
07:15 パルヌからバスで約40分、島に渡る最寄りの港へ
08:30 ムナライド着/発 フェリーで約1時間


09:35 キフヌ港着

キフヌの人口500人、もとはプロテスタントでしたが19世紀ロシア正教に改宗しました。
南北7km東西4kmの小さな島で自転車もレンタルあります。サンガ(アザラシ)が島のトレードマーク。
大陸まで10kmで冬は凍結します。

キフヌ島はATMや両替所がありません。50ユーロでもお釣りが用意できないことがムフ島など買い物用に事前に細かい紙幣にくづしておくことをお勧めします。ちなみにキフヌで有名な赤い縞模様のスカート(クルト)は手作りのものは最低240ユーロくらいから、 機械編みのもので30ユーロくらいからです。

レムスィ村へ。おばあちゃんと娘さん二人のお店 Lohu Pood(ロフ)へ。織機を使ったスカート作りも見学。


昼食はキャンプ場で豚肉、魚などのキフヌ料理でした。蜂に囲まれながらのワイルドな食事でした。

そして、島の女性やお婆ちゃんたちの歌と踊りのミニコンサート


学校だった建物を利用したキフヌ博物館へ。付属の売店でスカート生地を使った工芸品も販売されています。


18:00 島の北部サエレにあるゲストハウス Tolli Turismitalu 泊。
 『トーリ・トゥリスミタル』
トイレ、シャワーは外。トイレはくみ取り式です。

夕食はゲストハウス内の野外のカフェテリアにて。

 夜はキャンプファイヤをしました。


<8月27日>
朝、朝食後ゲストハウスをチェックアウト
09:15 ゲストハウス発
10:00 キフヌ港着/発 フェリーで約1時間
11:05 ムナライド着/発 着後、バスでタリンへ。約2時間半(165km)
13:20 タリン着 昼食後、旧市街、市場で買い物や市内のリサイクルセンターで堀り出しもの探しなど。


20:40 タリン発 航空機 SU2115 でモスクワへ移動
22:15 モスクワ着 ロシア入国審査後、市内のホテルへバスで移動

 ベストウェスタン・ヴェガ


<8月28日>
ホテルで朝食

 モスクワ最大の蚤の市『ヴェルニサージュ』でお買い物

 マトリョーシカや木工細工の玩具などロシア全土の民芸品を購入することができます。

 レストラン『ジグリ』で昼食後、アルバート通りでお買い物。チェブラーシカのぬいぐるみとの写真撮影(1枚100ルーブル)。

 手作り雑貨、レースの店『ヴィシフカ』が素朴な民芸店としてよかったです。

 地下鉄で移動し『アリョンカ』のショップへ。

スパスカヤ塔国際軍楽フェスティバルの予行演習のため赤の広場は閉鎖されていました。
グム百貨店内『BOSCO』ではチェブラーシカグッズの販売は終了しておりました。あまり売れないようです。

 『ガストロノム No.1』でキャビア(中粒)が 30グラム 2,780ルーブルでした。

赤の広場から約2km、15分~20分歩きましたが遠かったです。

 中央子供百貨店(旧ジェーツキー・ミール)

レストラン『ペトローヴィッチ』にて夕食。

 『エリセーエフスキー』は品揃いもさること ながら、建物の造りも豪華絢爛で見ごたえがあり好評でした。



[PR]

by jictravel | 2017-08-01 16:48 | ●● オトク情報・オススメ | Trackback | Comments(0)

沼田元氣さんと行く ロシアとエストニアの「かわいい」発見の旅 マトリョーシカツアー(1)

<2016年8月24日>
09:30 成田空港集合。スタッフ杉浦が添乗いたしました。

空港での両替でルーブルに関してトラベレックスとGPA(グリーンポートエージェンシー)はレートが大きく違っていました。
アエロフロートのオンラインチェックインの行列は人が多くなり、通常のチェックインと変わらないほど混雑していました。

12:00 成田空港発 SU261 アエロフロートにて

16:10 モスクワ着 シェレメチェヴォ空港でトランジット乗り換え。

シェレメチェヴォ空港ターミナルD到着後、ボーディングブリッジから1階上の到着フロアへ。
「International Flight transfer」の表示に従って、
*搭乗券が成田で発券されなかった場合は国際線トランジット・カウンターへ。
*搭乗券が発券されている場合はカウンター奥のパスポートチェックとセキュリティーチェックを受け、1階下(3階)の出発フロアーに降りてタリン行きのフライトのゲートのあるEターミナルへ移動します。(今回はE-38ゲートでした)
徒歩で移動で約10分程度で意外に遠かったです。
国際線どうしのトランジット乗り継ぎですがセキュリティーで液体物は没収されますのでご注意ください。
パスポート、セキュリティーチェックはかなり混雑していました。

 ターミナルE

18:10 モスクワ発 SU2114 モスクワから航空機でタリンへ
19:50 タリン着 到着後、バスでホテルへ

 タリンのホテル『ゴー・ホテル・シュネリ』
旧市街の裏手、タリン駅の前、スーパーとホテルが接続していてロケーションはよいです。シャワーのみですが新しく小奇麗なホテルで個人旅行者に便利です。セントラルヒーティングのみでエアコンはありませんが扇風機があります。冷蔵庫はありません。1Fにレストランがあります。

<8月25日>
朝食後、ホテルをチェックアウト
06:30 タリン発 バスでムフ島へ向けて出発。約2時間
09:05 フェリーに乗って約1時間、ムフ島へ。
 ヴィルツ港

09:40 クイヴァストゥ港着/発 ムフ島着

 コグヴァ村にある博物館でムフ刺繍などを見学

 手工芸品のマンニク工房を訪問

 島の中心リーヴァへ移動し、ムフ刺繍や木工製品を扱う手工芸品店へ

 島のレストランで昼食後、

 別の工房を見学。

17:00 クイヴァストゥ港着/発

 フェリーでヴィルツ港経由パルヌへ

17:35 ヴィルツ港着/発 バス約1時間で宿泊のパルヌへ
18:30 パルヌ着

 パルヌのホテル『コイドゥラパルク』
公園の裏手にあり、とても雰囲気のよいホテルです。3階建てでエレベーターがないので荷物を運ぶのが少し大変かもしれません。シャワーのみとなります。



沼田元氣さんと行く ロシアとエストニアのかわいい発見の旅 2016
マトリョーシカ工場見学と民芸おばぁちゃんに出会う旅 7日間


お待たせしました!
たくさんの方々からお問い合わせを常時受けている通称『マトツアー』のご案内です。

早割は5/31(火)まで延長!ぜひご検討ください。


===
ところで、先日行われた『マトリョーシカとロシア雑貨ツアー参加者とマト・こけしファン交流会』のようすを載せました。
よろしければこちらもご覧ください。



[PR]

by jictravel | 2017-07-31 17:41 | ●● オトク情報・オススメ | Trackback | Comments(0)

リャビーナ店長&副店長と行くぬくもり工芸いっぱいのロシアへ

ロシアと日本の工芸・雑貨・器&カフェ『リャビーナ』

ロシアと日本の工芸・雑貨・器&カフェ『リャビーナ』店長&副店長と行くぬくもり工芸いっぱいのロシアへ


『リャビーナ』店長&副店長と行く

ぬくもり工芸いっぱいのロシアへ~7日間~

■ツアーコード
日本語係員同行送迎つき成田から添乗員同行。リャビーナの花井さん、アンドレイさんは帰国日モスクワで昼食後みなさまをお見送りとなります。列車の旅・鉄道の旅 ロシアと日本の工芸・雑貨・器&カフェ『リャビーナ』店長&副店長と行くぬくもり工芸いっぱいのロシアへ
成田発関空発中部発着
KN18-1367:大韓航空 KEKX18-1367:大韓航空 KEKG18-1367:大韓航空 KE

サンクトペテルブルグ/ロマノーソフ陶器工場からラッカー・ミニアチュールの産地パレフなどを巡り、世界遺産スズダリ、マトリョーシカの故郷セルギエフ・パサート、モスクワ、グジェーリ陶器工場などを訪れます。

ロシアと日本の工芸・雑貨・器&カフェ『リャビーナ』店長&副店長と行くぬくもり工芸いっぱいのロシアへ

ツアーのポイントツアーのポイント
ぬくもり雑貨いっぱいのロシアへ』の著者で、ロシア工芸・雑貨店『リャビーナ』店長・花井景子さんと、ご主人で副店長のアンドレイさんが同行し、最短期間でロシア工芸の主要産地をぐるっと巡ります。
これまで日本からのツアーでは皆無だったラッカー・ミニアチュール(ラッカー塗り細密画)の産地を訪問しその世界を紹介するとともにマスタークラスも実施。
エルミタージュ美術館、世界遺産の町スズダリセルギエフ・パサート、歴代皇帝のコレクションが展示されているモスクワ・クレムリンの武器庫なども訪問。旅のコースそのものがロシアの工芸・芸術を体感できる文化教室となっています。
「何かの時」には【JICモスクワオフィス】がしっかりサポートします。
ご旅行代金は【クレジットカード払い】にてお支払いも可能です。

[PR]

by jictravel | 2017-05-29 11:40 | ●● オトク情報・オススメ | Trackback | Comments(0)

【MOW】【LED】【KHV】【IKT】ホテルのキャンペーン料金 1泊無料もあります!

ホテルのキャンペーン料金のご案内です。

■モスクワ
35日以上前にお申し込みで20%割引。

■サンクトペテルブルグ
3連泊で2泊料金、4連泊で3泊料金など。

サンクトペテルブルグ 『アストリア』

■イルクーツク

ご旅程、ご希望に合うようでしたらぜひご利用下さい。

[PR]

by jictravel | 2017-04-27 18:24 | ●● オトク情報・オススメ | Trackback | Comments(0)

★★ JIC オトク情報・オススメ情報!! ★★

005.gif★☆~JICのおすすめパッケージツアー~☆★

2017年10月までの料金を順次発表しています。

※まだ紙のパンフレットはできあがっていませんが、料金発表されています。

ウラジオストクとハバロフスク(または逆旅程) シベリア鉄道体験 3日間 / 4日間3日間 / 4日間 / 5日間


モスクワ 5日間 成田発、関空発、中部発
サンクトペテルブルグ 5日間 成田発、関空発、中部発
[PR]

by jictravel | 2017-04-14 11:14 | ●● オトク情報・オススメ | Trackback(2) | Comments(0)

ロシア革命100周年記念ツアー

歴史の足跡を訪ねる

モスクワとサンクトペテルブルグツアー まるごとロシア


ロシア革命100周年記念

モスクワとサンクトペテルブルグ 7日間

■ツアーコード
添乗員同行日本語係員同行送迎つき ロシア革命100周年
関空発
KX20-1317 : 7日間 大韓航空 KE



「ロシア革命は20世紀世界史において、巨大な意義を持った社会革命と言える。それはマルクス主義者をユーラシア大陸に広がる大国の権力の座につけ、社会主義の名のもとに新しい社会体制を作り出す一方、反資本主義・反帝国主義の革命運動を全世界に拡大する火元を生み、世界史に革命的な作用を及ぼした」(ロシアを知る事典より抜粋)。

2017年はロシア革命から100周年。現在はロシア連邦共和国という市場経済の国に変貌した旧ソ連を、ロシア革命とソ連の歴史を訪ね、あわせて新生ロシアの実際の姿を見て回るツアーです。

もちろん世界三大美術館のひとつ、エルミタージュ美術館やエカテリーナ宮殿など、今も昔も変わらぬロシアの文化遺産もたっぷりお楽しみいただけます。

ペトロパヴロフスク要塞(サンクトペテルブルグ)
[PR]

by jictravel | 2017-03-02 16:09 | ●● オトク情報・オススメ | Trackback | Comments(0)

【VVO】【KHV】海の日!お盆!ウラジオストクとハバロフスク フリープラン シベリア鉄道体験

海の日、お盆を利用して

「ロシアに行ってみる」
「シベリア鉄道に少し乗ってみる」

というツアーをご案内しております。

まるごとロシア シベリア鉄道体験ウラジオストクとハバロフスク4日間


ぜひご検討下さい。
[PR]

by jictravel | 2017-02-16 14:45 | ●● オトク情報・オススメ | Trackback | Comments(0)

『ロシア面白発見の旅のコンダクター(ツアー・リーダー)募集!』のお知らせ

『ロシア面白発見の旅のコンダクター(ツアー・リーダー)募集!』のお知らせ
ロシアのかわいい発見の旅にいただきましたみなさん
JICのツアーへお問い合わせ・参加いただいた皆様
そしてマトリョーシカ、ロシア雑貨、そして映画や音楽、大自然など
ロシアの文化やその背景のストーリイに興味を寄せるみなさま

わたしどもジェーアイシー旅行センターは2016年からポエムグラファー(写真家詩人)の沼田元氣さんに企画にご協力いただきそして案内人にもなっていただき東はハバロフスクから西はエストニアのキフヌ・ムフ島、北はセルギエフポサードから南はマイダンまで数々の工房や工場見学、買い物ツアー等のかわいい発見の旅を実施してきました。

さてさて今年の発見の旅はどうしようと、考えていたところに沼田さんから

「これまで参加者となっていたみなさんにツアーのアイディアを考えていただき、自らツアー・リーダーになってもらいましょう!」

という思いもよらぬ提案をいただきました。要旨は別紙の沼田さんからの手紙をお読みください。

* * * * * * * *

そんなわけで急きょ、『ロシア面白発見の旅のコンダクター(ツアー・リーダー)募集!』として公募を開始することとし沼田さんには「ロシア ツアー・リーダー募集の会代表」となっていくこととなりました。

ツアーテーマは例えば・・・

 ・チェブの作者ウスペンスキーさんを訪ねるチェブラーシカ旅
 ・ラトビア 森の民芸市とおばあちゃんと交流を楽しむ旅(6月)
 ・リトアニア民芸市とおばあちゃんに田舎料理を教わる旅(3月)
 ・ロシア・アバンギャルドの秘蔵コレクションが展示されるヌクス美術館へのツアー
 ・サハリン 宮沢賢治の軌跡をたどる銀河鉄道・構想舞台を訪ねる旅
 ・極寒の地 オイミヤコンとベルホヤンスクでオーロラを観る旅  

募集方法は以下の通りです。

1. まずは「沼田さんからの手紙とその中の募集要項」をお読みください。

ツアーの企画案を作成いただき「応募用紙」にご記入の上、JICへ3月13日(月)までに送付するか、マト・こけしファン交流会(3月19日)の当日ご持参ください。

郵送、メール、FAX いずれの方法でもかまいません。

送付先 : ジェーアイシー旅行センター(株)
ロシア面白発見の旅のコンダクター募集係 杉浦まで。
住所 : 〒160-0004 東京都新宿区四谷2-14-8 YPCビル7F
TEL 03-3355-7295 / FAX 03-3355-7290 / E-mail: sugiura@jic-web.co.jp

2. 審査方法

・沼田さんとJICの担当者で協議、選考。必要な場合は直接面談またはお電話などで内容をお伺いすることがあります。

実現する為には、より具体的なプランが必要です。ただ何となく行ってみたいだけでなく、いつ頃、どこへ、どんな目的で、何日位、何人位で、いくら位か等・・・。できる限り具体的に案を練っていただけると実現しやすくなります。

・候補案を検討の上、実施可能か、その条件と見積もりをいたします。
*すぐに実施できるかどうかにかかわらず、いただいたツアー案をもとに旅行費用の概算や移動手段の案など旅程のアドバイスをさせていただきます。

・3月実施予定の「沼田元氣さんと行くロシアのかわいい発見の旅 ツアー参加者とマト・雑貨ファン交流会」で候補案を発表させていただき、皆様のご意見や感想を伺うことも考えております。予めご了承ください。

※実施するツアーはひとつに限りません。年内にはできないが時期を決めてできそうなものや、友人やお知り合いに声をかけていただきすぐにでも実施できそうなものなど、提案者の方の思いがつよいものは実現できるよう責任をもって協力させていただきます。

それでは、ぜひみなさんの考え感じ夢見てきた、ツアーのプランをたくさんご応募いただけることを楽しみいたしております。ご不明の点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

ジェーアイシー旅行センター ロシア面白発見の旅のコンダクター募集係 杉浦 信也

ロシア交流会 ロシア交流会
エストニア キフヌ島 おばあちゃんたちのアンサンブル(2016年8月)

[PR]

by jictravel | 2017-02-10 16:23 | ●● オトク情報・オススメ | Trackback | Comments(0)