【LED】映画「マチルダ」 ~JICサンクトペテルブルグ便り~

こんにちは。チャンチクです!162.png162.png162.png
ペテルブルクは、12月に入り、クリスマスツリーが街中に現れました。
さらに、雪が積もって真っ白になって、ライトアップがとても綺麗です。177.png177.png177.png

以前、サンクトペテルブルクの政治歴史博物館をご紹介した時に、この政治歴史博物館の建物がもともとロマノフ王朝最後の皇帝のニコライ2世の愛人のバレリーナ、マチルダ・クシェシンスカヤ113.pngのお屋敷だということをご紹介して、映画が近日公開とお知らせしましたが(http://jictravel.exblog.jp/28185938/)、遅ればせながら、行ってきました!!!見に。101.png101.png101.png

先に、一言で印象を言うと、「悔しい!!!」144.png144.png144.png
歴史的事実なので、見る前からマチルダとニコライ2世のかなしい恋物語だと分かってはいたものの、ハッピーエンドじゃなかったので、見たあとは、不完全燃焼148.pngというか「悔しい!!!」144.pngという気持ちでした・・・。でも、女性として感情を揺さぶられたというか・・・。男性はこの映画をどう見るのかわかりませんが、私は「マチルダ、頑張れ!」と思いました。もっと、マチルダを想い続けてニコライ2世との破局163.pngの後に結婚したアンドレイ(ニコライ2世のいとこ)にスポットを当てて欲しかったなあ。アンドレイ、マラジェッツ!165.png165.png165.png最初からアンドレイを好きになれば、辛い思い163.pngをしなくても良かったのにねえ。

映画の中のニコライ2世を想い無邪気に笑ったり110.pngヤキモチを焼いてムッとしたり108.png意地悪されてもへこたれないでバレエの練習も頑張ったり166.pngするマチルダに好感もてました110.png110.png110.png事実はわかりませんが、歴史に翻弄されつつ歴史の中でたくましく生きたんだなあと。

家族愛を象徴するようなイメージのニコライ2世のと相反するので、公開前は上演を中止する映画館が出たり反対派が車を燃やしたりと物騒なスキャンダルになってましたが、私は、皇帝も人間だものね122.png、仕方がないよね141.png、と思えました。ニコライ2世を侮辱する感じはなかったと思います。まあ、歴史をよく知る人の話では、映画の中のニコライ2世はちょっと美化されてるみたいですが。どこの国にも「政略結婚」というのは今も昔もありますが、偉い人って結婚も自由にできなくて可愛そうだなあ、と。

ロシアロマノフ王朝の歴史的人物をテーマにしたテレビドラマや映画ほかにもたくさんありますが、撮影現場が宮殿なので、映像が豪華で綺麗ですよねえ179.png179.png179.pngこの映画の撮影場所も、エカテリーナ宮殿やユスポフ宮殿といった、あ、ここ知ってる!という場所が多かったです。コスチュームもかわいかったし、ハットする場面やドキドキする場面や「がんばれー!」と思える場面もあって、1時間40分が、あっという間でした173.png173.png173.png。おすすめです!


[PR]

by jictravel | 2017-12-06 00:13 | ● JICモスクワ便り、ペテルブルグ便り | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://jictravel.exblog.jp/tb/28815062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。