【RIX】リデン&デンツ視察 7, 8日目 リガ~モスクワ~成田~伊丹 市内観光 乗継時バッゲージスルーのご注意

<5/18(木) くもり(リガ)>

7:30 ホテルにて朝食。
9:00 チェックアウト後、荷物をフロントに預けて市街へ。旧市街観光。ショッピング。
13:00 タクシーで空港へ。
14:10 再度チェックイン後、X線検査をして、出国してゲートへ。
15:20 アエロフロート SU2101 便にてモスクワへ。
17:00 モスクワ、シェレメチェヴォ空港 SVO 着。バスに乗ってターミナルDへ行く。
20:20 アエロフロート SU260 便のゲートが変更になり、約2時間遅延してバスで飛行機まで移動。
21:00頃 アエロフロート SU260 便で成田へ。


<5/19(金) 晴れ(東京) / 晴れ(大阪)>

13:10 成田着後、ターミナル2へ移動して日本航空 JL3005 便のチケットを購入。
16:55 国内線待合にて待機後、搭乗。日本航空 JL3005 便にて大阪・伊丹へ。
18:15 伊丹空港着。


リガ市内観光および買い物

 

・新市街から旧市街へ入る手前(自由記念碑と救世主大聖堂の間)に大きな土産物屋があります。伝統工芸品(ニット、リネン、羊毛製品など)、みつろう製品、はちみつ、お酒、チョコレートなどの食品から、キーホルダーや絵葉書までなんでもそろっていました。店内も広くて見やすいです。少し料金は高めです。

 

・ライマ時計台のそばにあるチョコレートショップ「ライマ」。日本人のツアー客が自由時間に来店していました。箱入りから量り売り、プレゼント用の詰め合わせ商品まで色々。有名なのはバルザムを使用したチョコレートです。

 

・前日に写真を撮れなかった自由記念碑、救世主大聖堂、リーガ大聖堂、ドゥアマ広場などを回りました。


◆アエロフロート SU2101 便 - アエロフロート SU260 便  リガ⇒モスクワ⇒成田

・13:00にホテルで荷物をピックアップし、ホテル前からタクシーで空港に向かいました。料金約12ユーロ。時間は20分程度。

・リガ~モスクワのアエロフロート SU チケットと、モスクワ~ソウル~関空のアエロフロート SU - 大韓航空 KE チケットの合計2枚で、モスクワでアエロフロート SU2101 便からアエロフロート SU250 便への乗り継ぎ予定のような、同じ航空会社のチケットでも別冊であれば荷物はスルーになりません。ご注意ください。

1)預け荷物がなく手荷物のみなら、モスクワで入国不要。トランジットカウンターで手続きできます。
2)「リガ~モスクワ~ソウル~関西」と1冊の航空券として発券していれば、荷物は関空までスルーできます。
3)ロシアのダブルビザを取っておけばモスクワで一旦入国⇒出国できるので、乗継時間が十分であれば問題ないです。

・リガの空港は面白く、ターミナルや出発口、出発階等で国内線と国際線が分かれていないません。すべての旅客は航空会社別に分かれたチェックインカウンターで手続きした後、同じセキュリティチェックを通り出発口を通過します。通過後すぐのエリアは国内線の各ゲートになっていて、EU圏内への飛行機に乗る人々が搭乗を待っています。カフェや土産物屋もたくさんあります。それらを横目にさらに進むと行き止まりになっており、パスポートコントロールがあります。ここを通過した先がEU圏外への搭乗ゲートが並ぶエリアになっています。そちらにもいくつかカフェや免税店あります。

・アエロフロート SU2101 便、ほぼ定刻の15:30頃に出発。搭乗率は6~7割くらい。飲み物のサービスのみであっという間にモスクワのシェレメチェヴォ空港 SVO-Dターミナル着。飛行機を降りてバスに乗ったのは良いのですが、どこに連れて行かれるのかと不安になるくらい遠回りのルートでターミナルへ向かいました。おそらく30分近くバスに乗っていたと思います。

・Dターミナルに入り、アエロフロート SU260便の搭乗口を確認して近くのカフェで軽食をとっていると、ゲート変更のアナウンスがはいりました。と同時に遅延のアナウンスも(時間変更は2度発生)。結局、19:00発の予定が、19:40発となり、その後20:10とアナウンス。結局、搭乗が20:15頃になり、飛行機が飛んだのは21:00頃。

・アエロフロート SU260 便には日本人乗務員なし。日本語アナウンスはロシア人のおばちゃんCAで発音がかなり可笑しかったです。セルフモニターあり。座席は2-4-2でしたが、真ん中の4人掛けはかなり空いていたので、隣の方はそちらに移られて2席を広々使わせていただきました。メニュー表(夕食、翌朝の朝食、ドリンクサービスの3つがまとめられたもの)が最初に配布されました。夕食は2種類、朝食は3種類から選べるようになっていました。私は蕎麦アレルギーで、蕎麦の実、カーシャが含まれるメニューは食べられないので、その旨を先にCAさんにお伝えしたら、それ以外のメニューから先に選ばせてもらえ、一番先に席へ持ってきてくださいました。

・成田到着も1時間強遅れて11:45頃。帰国後、第2ターミナルへ移動し、JALのカウンターで伊丹空港行きのチケットを購入しました。16:55成田発18:10大阪伊丹着、日本航空 JL3005便にて帰阪。




[PR]

by jictravel | 2017-11-30 15:25 | バルトの国々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://jictravel.exblog.jp/tb/28777990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。