【IKT】【KE】リデン&デンツ視察 1日目 関空~イルクーツク

◇出張先◇ イルクーツク~モスクワ~サンクトペテルブルグ~リガ
◇期間◇ 2017年5月12日(金)~5月19日(金) 8日間
◇主たる出張目的◇ リデン&デンツ視察


<5/12(金) 晴れ(大阪)/ くもり(イルクーツク)>

8:33 阪神尼崎駅よりバスで関西国際空港へ。
9:25 関西空港第1ターミナル着。
10:00 チェックイン手続き
10:30 手荷物検査⇒出国⇒モノレールでゲートへ。
12:30 KE724便でソウルへ。14:30頃ソウル着。
18:15 KE983便でイルクーツクへ。少し遅れていました。
21:55 イルクーツク着。送迎車でホテルへ。
22:30 ホテル「コートヤードマリオット・シティセンター」着。


大韓航空 KE724便/KE983便  関空⇒ソウル⇒イルクーツク


・関西空港1タミBアイランドにてチェックイン。チェックインカウンターは2時間前よりもかなり前からオープンしていました。イルクーツク線まですべて関空でチェックイン完了。ソウルでの出発ゲートもすでに決められていましたし、変更もなかったです。724便は搭乗率8~9割とほぼ埋まっていました。983便は3割程度しか埋まっていなかったです。

・724便の機内食はコールドミールでサンドイッチが提供されました。983便の機内食はビーフ、チキン、魚から選べるホットミール。

・両便ともパーソナルモニターあり、充電用ジャックあり。イルクーツク線も、日本語で楽しめる映画がけっこうありました。

・イルクーツク線は20分ほど遅れました。


◆イルクーツク空港

・小さくて何もない空港。入国審査場もいたって簡素。ボーディングブリッジ設備はないので、すべての旅客はバスまたは徒歩での移動となります。

・出入国カードは自動印字化されていました。パソコンの打ち込みに少し時間がかかっているようでした。サインも求められず、入国係官からも特に何も聞かれなかったです。

・国際線の到着ロビーは売店が1つと小さなカフェが1件ある程度。

・ロビーで送迎と会え、そのまますぐにホテルへ向かいました。




・フロントでは英語がいいかロシア語がいいか聞かれ、朝食とWi-Fiの説明を受けて部屋へ向かいました。Wi-Fiはフリーで使用可能。速度も遅くはないです。高速でサクサク利用するには有料プランもあり。ちなみにイルクーツクではVPNのアプリを経由しなくてもLINEが使用可能でした(モスクワ、サンクトペテルブルグではダメだったので、事前にダウンロードしていたVPNを利用しました。)。

・部屋はバスタブなし。スリッパ、セーフティボックスはありました。歯ブラシ、ヘアブラシはなかったです。水(500mlペット)、コーヒーやお茶などは無料。

・エレベーターは2基。チェックイン時は問題なかったですが、朝出るときは混み合っていて何台か見送りました。

・1階に朝食レストラン、会議室、売店あり。おみやげというよりは、スナックや飲み物、日用品をちょこっと置いている感じ。

・朝食は種類も豊富だしサービスもよいです。スタッフの愛想も良い!ワッフルや卵料理はその場で伝えて作ってもらい、テーブルまで運んでもらえます。


[ ← ] ---

[PR]

by jictravel | 2017-10-31 11:11 | ロシア〓バイカル湖付近 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://jictravel.exblog.jp/tb/28377799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。