【LED】日本文化に触れるフェスティバル「第14回 日本の秋」 ~JICサンクトペテルブルグ便り~

12月下旬まで、サンクトペテルブルグ市、レニングラード州の各地で各種イベントが開催されています。

その一環として、子供達が中心となり、歌や劇を発表する「小さい秋」が、10月21日、友好会館で行われました。

このイベントにJICの留学生有志も参加。
浴衣姿で、星野源の「SUN」をピアノ伴奏し、合唱しました。

また「恋ダンス」も披露、ちびっ子たちから、大きな拍手を受けました。

留学生活では、ロシア語学習だけでなく、日本人代表としての「役目」を担うことがあります。

「日本にいる時よりも、浴衣を着る機会が多くなった」

留学生からは、そんな声が聞かれます。

最近は着物を上手に着こなすロシア人も見受けられるようにはなりましたが、それでも留学生の浴衣姿は大歓迎されます。

もし、このブログをお読みで、サンクトペテルブルグへの留学を計画中の方がいらっしゃったら、留学の荷物の中に「浴衣」もお忘れなく!!

f0072621_21452480.jpg



[PR]

by jictravel | 2017-10-27 22:02 | ● JICモスクワ便り、ペテルブルグ便り | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://jictravel.exblog.jp/tb/28334065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。