【LED】JICサンクトペテルブルグ便り

ペテルブルク現地連絡員のチャンチクです。

ペテルブルクも、やっと桜が咲きました!ウラー!!!

サンクトペテルブルク国立大学東洋学部の中庭にある桜の木は、日本から贈られたもので、毎年、4月の終わりから5月のはじめにかけて咲くんですが、今年は例年より少し1週間~10日ぐらい遅かったです。待ちに待った桜です!

木の芽も膨らんで、日当たりのいいところでは、若葉が出てきました。ワサワサと若葉がどんどん出る音が聞こえるようです。これから、枯れ木は一気に緑になり、花もあっという間に咲きはじめます。

眠っていた木や花が、急に目を覚ますようです。晴れた朝は本当に気持ちがいいです。あああ、どんよりした冬が長かったから、喜びもひとしおです。エネルギーがみなぎり、私も訳もなくなんだかうれしくなります。
ロシア人は喜んだり楽しんだりするのが上手ですが、こういう気候がロシア人を素直に喜ばせるんだなあと思います。

f0072621_05051917.jpg

[PR]

by jictravel | 2017-05-18 05:08 | ● JICモスクワ便り、ペテルブルグ便り | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://jictravel.exblog.jp/tb/27818276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。