【PES】ペトロザヴォーツクとキジ島

<フェリーに乗るまでの流れ>

以下、JICオプショナルツアーご依頼の場合の流れとなります。
(ご依頼の内容によって詳細が異なります)

ドライバーとミーティングは、
モスクワから夜行列車が着くのが9時頃。降りた車両の付近でお待ちください。
サンクトペテルブルグから夜行列車が着くのが7時頃。ペトロザヴォーツク駅の時計の下でお待ちください。
(※駅舎の出口あたりになります。駅前広場の真ん中の時計とお間違えのないように)

大きな荷物を駅で預けるとよいでしょう。
荷物預かり所は駅舎を出て、左突き当たり、階段下にあります。カード式ロッカー、または対面方式で預けられます。


ドライバーとともに港へ向かいます。
何番の乗り場の船か確認後、乗船(この時、キジ島で英語ガイドを依頼している場合にはバウチャーを渡してもらいます)。


往路の船と復路の船は同じ船になりますので、この便で行ったらこの便で帰る、と決まっています。
乗船時に首に下げる番号カードが渡され、復路の船に乗る時に番号カードが回収されて、きちんと戻っているか確認されます。
フェリーにトイレはあります。
キジ島到着の15分くらい前から外に出てみると、湖から島と教会を撮ることが出来ます。


<キジ島着>


博物館入口までは少し歩きますが、一本道で迷うことはないでしょう。
入口に着いたら、係員に英語ガイドのバウチャーを提示して下さい(英語ガイドを依頼した場合のみ)。
(英語ガイドを依頼した場合のみ)英語ガイドとともに、島のメイン部、南側を観光します。ガイドの案内後はフリータイムとなりますので、お客様ご自身で昼食をとったり、北の方へ散歩に行ったりできます。帰りは、出発の15分前頃までに船に戻ってください。


プレオブラジェンスカヤ教会は2018年まで改修予定です。
フリータイムには、別料金で馬車(300ルーブル 6~8月)やレンタルサイクルも利用できます。
船着き場近くにおみやげ屋とレストラン、休憩所があります。


<ペトロザヴォーツク港帰着>


港から駅までは徒歩30分強程度です。駅まではゆるやかでも上り坂で距離があるので、キジ島後では疲れてしまうかもしれません。途中のカフェ、セーヴェルナヤホテルのカフェでひと休みすることをおすすめします。

港近くに遊園地あり、敷地内はそのまま入れます。カフェレストランもあります。


<ペトロザヴォーツク駅、周辺>

 

2階に待合室があり、3階に休憩所あります(予約不可。4人部屋、2人部屋、1人部屋 計7名収容可。共同のシャワー トイレあり)。

ATM、インフォメーション、両替所なども駅、または周辺にあります。

サンクトペテルブルグから朝早く着いた場合、きちんとしたカフェはないので、横のホテル『パーク・イン』で朝食をとることができます。7時からオープン。ホテルのロビーに両替機があり50USDから両替できますがレートは良くないようでした。



[PR]

by jictravel | 2016-11-24 17:04 | ロシア〓キジ島 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://jictravel.exblog.jp/tb/27033135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。