沼田元氣さんと行く ロシアとエストニアの「かわいい」発見の旅 マトリョーシカツアー(1)

<2016年8月24日>
09:30 成田空港集合。スタッフ杉浦が添乗いたしました。

空港での両替でルーブルに関してトラベレックスとGPA(グリーンポートエージェンシー)はレートが大きく違っていました。
アエロフロートのオンラインチェックインの行列は人が多くなり、通常のチェックインと変わらないほど混雑していました。

12:00 成田空港発 SU261 アエロフロートにて

16:10 モスクワ着 シェレメチェヴォ空港でトランジット乗り換え。

シェレメチェヴォ空港ターミナルD到着後、ボーディングブリッジから1階上の到着フロアへ。
「International Flight transfer」の表示に従って、
*搭乗券が成田で発券されなかった場合は国際線トランジット・カウンターへ。
*搭乗券が発券されている場合はカウンター奥のパスポートチェックとセキュリティーチェックを受け、1階下(3階)の出発フロアーに降りてタリン行きのフライトのゲートのあるEターミナルへ移動します。(今回はE-38ゲートでした)
徒歩で移動で約10分程度で意外に遠かったです。
国際線どうしのトランジット乗り継ぎですがセキュリティーで液体物は没収されますのでご注意ください。
パスポート、セキュリティーチェックはかなり混雑していました。

 ターミナルE

18:10 モスクワ発 SU2114 モスクワから航空機でタリンへ
19:50 タリン着 到着後、バスでホテルへ

 タリンのホテル『ゴー・ホテル・シュネリ』
旧市街の裏手、タリン駅の前、スーパーとホテルが接続していてロケーションはよいです。シャワーのみですが新しく小奇麗なホテルで個人旅行者に便利です。セントラルヒーティングのみでエアコンはありませんが扇風機があります。冷蔵庫はありません。1Fにレストランがあります。

<8月25日>
朝食後、ホテルをチェックアウト
06:30 タリン発 バスでムフ島へ向けて出発。約2時間
09:05 フェリーに乗って約1時間、ムフ島へ。
 ヴィルツ港

09:40 クイヴァストゥ港着/発 ムフ島着

 コグヴァ村にある博物館でムフ刺繍などを見学

 手工芸品のマンニク工房を訪問

 島の中心リーヴァへ移動し、ムフ刺繍や木工製品を扱う手工芸品店へ

 島のレストランで昼食後、

 別の工房を見学。

17:00 クイヴァストゥ港着/発

 フェリーでヴィルツ港経由パルヌへ

17:35 ヴィルツ港着/発 バス約1時間で宿泊のパルヌへ
18:30 パルヌ着

 パルヌのホテル『コイドゥラパルク』
公園の裏手にあり、とても雰囲気のよいホテルです。3階建てでエレベーターがないので荷物を運ぶのが少し大変かもしれません。シャワーのみとなります。



沼田元氣さんと行く ロシアとエストニアのかわいい発見の旅 2016
マトリョーシカ工場見学と民芸おばぁちゃんに出会う旅 7日間


お待たせしました!
たくさんの方々からお問い合わせを常時受けている通称『マトツアー』のご案内です。

早割は5/31(火)まで延長!ぜひご検討ください。


===
ところで、先日行われた『マトリョーシカとロシア雑貨ツアー参加者とマト・こけしファン交流会』のようすを載せました。
よろしければこちらもご覧ください。



[PR]

by jictravel | 2017-07-31 17:41 | ●● オトク情報・オススメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://jictravel.exblog.jp/tb/15239702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。