【MOW】【LED】高速列車「はやぶさ(Сапсан)」号

これがサプサン号だ!

モスクワーサンクトペテルブルグ間を結ぶ最初の高速列車の登場は1984年。当時でも最高速度200キロとされたЭР-200系の運行時間は4時間59分でした。それから20数年後、ドイツシーメンス社の協力をえて、2009年12月に運行開始した『サプサン』号はそれまでの高速を超えた超高速列車となりました!10車両、全604席、最高速度は250キロ。640キロ離れた両都市間を3時間45分で結びます。1等車、2等車があり、どちらにもAVシステム完備、座席でラジオなども楽しめます。

サンクトペテルブルグ 07:00発、モスクワ 10:50着。モスクワのレニングラード駅に到着です。


サンクトペテルブルグのモスクワ駅にサプサン号が2便待機。


サンクトペテルブルグ、モスクワ駅のサプサン号乗車ホーム入口です。


サンクトペテルブルグ、モスクワ駅のサプサン号乗車ホーム入口でセキュリティチェックがあります。


乗車の際に列車Eチケット控えとパスポートを見せます。


1号車はファーストクラスでした。


エコノミークラスです。4号車に乗車。


車両中央部に上着などを掛けるスペースがあります。


座席の上にも荷物を置けます。


座席の端に荷物置き場があります。中型スーツケース6個程度。反対の端にも置き場があります。


通路は広く、新幹線よりゆったり感。


車両間のスペースもゆったり。


トイレ。


驚きの食堂車。エコノミー座席が向かい合わせになっているだけ。5号車。


サラダ250ルーブル、ブリヌィ250ルーブル、コーヒー120ルーブル。

===


2011年10月30日より、ロシア鉄道のサプサン号のうち、
サンクトペテルブルグ - ニジニノヴゴロドを直通する系統は廃止となります。

RZD公式発表

報道いろいろ

モスクワ~サンクトペテルブルグ間の高速列車「はやぶさ(Сапсан)」号

料金はこちらです。


シベリア鉄道のツアー
シベリア鉄道、その他の鉄道のチケット手配

ロシア、中央アジア、CIS諸国、コーカサス、中国~モンゴル~ロシアのご旅行、留学 JICホームページ
[PR]

by jictravel | 2014-10-17 18:23 | シベリア鉄道など列車 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://jictravel.exblog.jp/tb/12371539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。